スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『The Bourne Supremacy』
20050216233821.jpg
結論から云うと、今年見た映画の中で、1番面白かったかもしれん・・・・・・。
ってなくらい、結構気に入った『The Bourne Supremacy』でございます。
例えジミー大西に似ていると云われようが、いやいや、実はジミー大西の方がまだ整った顔しているんじゃない? と云われようが、マット・デイモンはヘタレな役の方が似合っているだろうとか、前作でブラピがジェイソン・ボーンのオファーを断っていたからこそのジミー大西なマットだったんだとか、散々云われようとも(云っているのは誰だ・・・・・・)、マット・デイモンのジェイソン・ボーンはカッコ良かったザマすよ、ええ!
どうカッコつけても、やっぱりジミーの面影は消えないとしても、それでもなお「アンタすげぇよ・・・」と思わせるくらいには素晴らしいマット・デイモンasジェイソン・ボーンでございます。

元CIAのトップエージェントで、非常にクールなジェイソン・ボーンの物語なのですが、クールはクールでも、ボーンは決して冷酷無比ではないのが魅力なんでしょうな。冷酷と云うのではなく「冷静沈着」な男のボーンが魅力的なのです。
しかしかかし『オレが狙われたせいでマリーが殺された』と復讐に燃えるボーンですが、「マリーがマリーが、マリーが云々」とはしばしで云っている割には、あまり復讐には走っていないのも確か。
それよりも自分探しと、真相への究明に頑張ってますって感じです。正直、前作よりも今作の方が『IDENTITY』を追求している気がする。
マリーが殺されたことに対する復讐って、ぶっちゃけおまけですか? みたいな(略)

20050216233805.jpgいやいや、それこそがボーンの魅力(多分)
つまり、あまり感情に走らないんですよね、ボーン。ってか、よくよく考えて見ると、マリーが死んだ時って、そんなに哀しそうじゃなかったんだよね、ボーン(汗)
どちらかと云うと、マリーを殺された時よりも、ラストに自分が殺したネイル夫妻の娘に会いに行った時の方が、哀しげだったしね。
まぁ『愛する者を失った哀しみ』ってのは、両方にリンクしているんでしょうけれども。
しかしジェイソン・ボーンを見ていると、ジェームス・ボンドは三流のスパイに見えてしまうねぇ(名前は似ているのにな)。

そんな訳で、今年2本目のスパイ映画『The Bourne Supremacy』。
ボーンは作中では「おまえは殺し屋だ!」と云われてましたが、まぁ確かにCIAの工作員なんてスパイなのか殺し屋なのか判らないワケですが・・・・・・それはさておき、非常にクールな工作員のボーン。
冷酷でも冷静でもなく冷徹なのかも。


Robert Ludlumの小説は以前から結構好きでして、『The Bourne Supremacy』はかなり大昔に読んだ記憶があります(日本語訳の『暗殺者』で)。ンが、あまり内容覚えていなくて・・・・・・前作の『The Bourne Identity』の時もそうだったので、まぁ新しい気分で見ることが出来ました(・∀・;)
これもヘタレな海馬のおかげでしょう。
と云うことはつまり、前作の映画の内容もウロ覚えだったワケで、この映画を見始めた時も「ボーンってまだ記憶が完全に戻ってなかったんだっけ?」ってなくらいのものでした。
ンが、このヘタレな海馬でも断言しちゃいます。今回の『The Bourne Supremacy』は前作より格段に面白かった!と(多分な・・・)。
そして何故かウチにあるペーパーバックの中に『The Bourne Ultimatum』がある訳だが(多分離婚した時に、元夫のところからパクッてきた物の1つだ・・・・・・)この作品、3部作なんだよね。ってことは、映画も続きがあるのかしら。
終わり方がいかにも続編作れそうだったので、またやりそうですね。
かなり面白かったので「ぜひぜひ作っちゃってください」と云う気分です。


20050216234756.jpg

で、今回の映画は、展開は早いし、カーアクションなんかは目が回るぅ~ってところもありましたが、それでもストーリーは判りやすいので見やすいこと間違いなし。
ぶっちゃけ、自分の代わりに殺されてしまった恋人の敵討ち&亡くした記憶の追及と自分が巻き込まれている事件の真相への究明。
アクションは肉弾戦なところが多いし、サスペンスもてんこ盛り。
そしてこの映画を見終わった後では、やっぱ車はミッションだよねぇ~と思わせる何かが(あるかもしれない)。
スポンサーサイト


MOVIE | 23:33:14 | Trackback(11) | Comments(3)
□ コメント
TBありがとうございました
確かに前作よりも面白かったですよね。
前作もそうでしたけど、そんなに期待しないで観てるから
すごく得した気分になりました(笑)。
2005-02-17 木 22:16:22 | URL | 多感な奴@CINEMA IN/OUT #0TeLZ4IU [ 編集]
TBありがとうございました。
1作目と同様2作目も面白かったので大満足の映画です。
変なスパイ映画と違ってきちんとリアリティーもありましたよね。
私はマットはジミー大西にぜんぜん似てないと思います。マットのほうが何千倍もかっこいい!!
次回作も楽しみです。
2005-02-20 日 17:32:16 | URL | ななな #- [ 編集]
今更レス・・・
>多感な奴ブログサマ
そう、確かにあまり期待していなかったのに面白いと嬉しいですよね。
まさにそんな感じの映画でした。

>なななさま
マット、カッコいいですよね(笑)
誰が最初にジミーに似ているって言い出したのでしょう。
3部作のラストは2,3年後なんだとか。楽しみですね。
2005-03-12 土 00:18:22 | URL | キリカゼ #zddsmPew [ 編集]
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ボーン・スプレマシー
ポール・グリーングラス監督作品(2004年・米)『ボーン・アイデンティティ』の続編。前作から2年、インドのゴアで恋人のマリー(フランカ・ポテンテ)と暮らしていたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)だったが、完全に記憶は取り戻しておらず悪夢やフラッシュバック 2005-02-17 Thu 22:09:26 | CINEMA IN/OUT
『ボーン・スプレマシー』を観て来ました。#48
今日は、『ボーン・スプレマシー』です。('04米/UIP)108分 2005-02-18 Fri 00:08:49 | ★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...
#2:ボーン・スプレマシー(試写)
KAZZのこの映画の評価久々にパート2で、面白い映画に巡り逢えました今年の2本目は、マット・デイモン主演”ボーン・スプレマシー"前作”ボーン・アイデンティティ”を見に行って、面白いと思った方は是非、見に行って下さい!お勧めです間違いないっ!珍し... 2005-02-18 Fri 15:40:38 | (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
『ボーン・スプレマシー』
■監督 ポール・グリーングラス■原作 ロバート・ラドラム■製作 フランク・マーシャル■キャスト マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ジョアン・アレン、ブライアン・コックス、ジュリア・スタイルズ、カール・アーバンあれから2年。 ボーンとマリーはインドのゴ 2005-02-18 Fri 17:39:42 | 京の昼寝~♪
ボーン・スプレマシー
私が行った映画館では一番大きなスクリーンだったのに観客は10人程度でした。4時ごろは皆さん忙しいのでしょうね。ボーンス・プレマシーを観ました。前作をつい最近見ていたのですんなりと話に入ることができました。前作の雰囲気を少しも壊すことなくまたまたリアリティーが 2005-02-18 Fri 18:00:49 | 映画を観たよ
「ボーンスプレマシー」&「ザ・キーパー 監禁」評
今週の一本に、鮫島サメ子による「ボーンスプレマシー&ザ・キーパー 監禁」評/「きょうのわんこ」と「変態熊の妄想」について」を追加。 「ボーンスプレマシー」は、記憶を喪失したCIAの元トップ・エージェントを主人公にしたロバート・ラドラム原作の「ジェイソン・ボー. 2005-02-22 Tue 20:17:18 | I N T R O + UptoDate
「ボーン・スプレマシー」
マッド・デイモン主演の「ボーン~」シリーズ第二弾。なんじゃ「~プレマシー」って・・・車の名前みたいーーーー。と思っていたら、「スプレマシー」でした。それでも「スプレマシー」って何っ?なひらりん。調べたら・・・・至高・至上・最高位・主権とか・・・この場合は 2005-02-23 Wed 03:45:50 | ひらりん的映画ブログ
ボーン・スプレマシー
たいていPart2が作られても、前作を凌ぐことはなく、期待はずれに終ることが多いと相場が決まっているのにこの作品は非常に面白い。知らず知らず映画の中にぐっと引き込まれて気付いたらあっという間に2時間経っていました。前作では追われていたジェイソン・ボーンが今度は 2005-02-24 Thu 00:56:42 | Teralinの覚え書き
ボーン・スプレマシー(3回目)個人的見解(前半)
ボーン・スプレマシー個人的見解(前半)3回目見てきました。やっぱり面白いです~。この映画の面白さのひとつはボーンの性格の複雑さにあると思います。(クール&ホット)そしてリアリティある設定です。●ネタバレです。○マリーがボーンのかわりに死にます。これは席を運 2005-02-24 Thu 07:09:40 | shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋)
ボーン・スプレマシー
【好感度】 92% 愛と孤独を胸に,国境を越えた戦いが再び始まる. 2005-04-01 Fri 11:54:45 | シネマの実
ボーン・スプレマシー
親父と一緒に観ました。なんか、最近ブログが映画ネタばっかだけどまぁいいや。監督:ポール・グリーングラス原作:ロバート・ラドラム出演:ジミー大西、フランカ・ポテンテ前作ボーン・アイデンティの続編です。ジェイソン・ボーンかっこよすぎ!!ボロいタ 2005-08-28 Sun 23:57:21 | はじめ風呂
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06月 « 2017/07 » 08月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。