スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『ハウルの動く城』
宮崎駿作品を映画館で見たのは、これで2本目。1本目は小学生低学年(だった気がする)の時に見た『ナウシカ』。どっちが好きかと云われれば、美少女が主役の『ナウシカ』より美少年(青年?)が主役? の『ハウル』の方が良かったなぁ・・・・・・ってな程度。それに子供の頃に見た『ナウシカ』は、正直云って意味が判らなかったからね。
大体ワタシはジブリ作品が好きではない。TV映画ですらほとんど見たことがない。見たことがあるのは『トトロ』くらいかな・・・・・・何故か子供より年寄りが好きだと噂の『トトロ』。まぁ個人的には普通だったけど。評判のよろしい『ラピュタ』は何故か拒否反応があります。
あ、そんでもって試写会で『プリンセスもののけ』は見たかも・・・・・・しかもアメリカで。
ありゃ、アメリカの人には判りづらい話だろうなぁ・・・なんてどうでもいいことを思った程度。
『ハウル』=『トトロ』>『もののけ』>『ナウシカ』って感じかな。
そのうち『千と千尋』も見たいけど、結局見ないで人生終わりそう(ナンの話だ)。


でもって『ハウル』。
宮崎作品の中では、実はかなりにの割合でお子様向きなんじゃなかろーかと思う一作。
見やすいのよね・・・・・・ラストも想像つくし、何か簡単な話だったと云うか。
ワタシが小学生の頃に『ナウシカ』見て「???」と思ったような感覚は、『ハウル』見た小学生は感じないだろうし。

ハウルのセンセイの役割は謎だし、全然いい人っぽくない。ナンで戦争の手助けしていたの? って感じ。
そんでもって魔女は正直弱い。ソフィーをバアサンにした意味は一体なに?
そのソフィーは、何で魔法が解けて元の娘っ子に戻れたのかも謎だったし。
ハウルは宮崎アニメ渾身の美形男性キャラなんだろうね。『千と千尋』に出ていた男の子にもチョッピリ似てはいるが。何か物憂げな出だしとかさ・・・気合いの入れ方が違ったもん。
個人的にはハウル本人も云っていたように、金髪ハウルの方が好きかもだ(笑)


宮崎氏っちゅーのは、アニメ声優使いたがらない人なんだってね。アニメ声になるのがイヤだから。
そんなこんなで始まる前からキャストが話題になっていた今作。
賠償さんは・・・うーん、まぁなかなかイイんではなかったかと。
キム様は結構良かったかも。力んだり泣き喚いたりするところはさすがにワザとらしかったんだけど、それ以外の淡々としたところは違和感ない。
っつーかキム様、結構イイ声しているのね・・・・・・SMAPで聴いて良いと思える声を出せるのって、チョナンと吾郎ちゃんだけかと思っていたよ。
あの声質なら、ナレーションのお仕事とか結構イイかも。

それにこれで【2046】の大コケを帳消しにでき(略)
スポンサーサイト


MOVIE | 20:52:25 | Trackback(0) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03月 « 2017/04 » 05月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。