スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『the LAST SAMURAI』
主役は渡辺謙ですか?
と云う映画だった。
と思ったら、エンドロールで一番最初に名前が出たのは渡辺謙だった。

やっぱり渡辺謙の映画だった。



まぁ突っ込みどころは限りなくありましたが、そこそこ楽しめる映画でした。
と云うか、確かにハリウッドで、ここまで丁寧に日本が演じられた時代物ってなかったかもですね。今までが酷すぎたとも云えますが・・・・・・。
トム・クルーズと云う人は、
ハッキリ云って顔が大きくて背が高くないので、
着物がそこそこ似合うんですな。体型的に以外と舞台が似合うかもです。小雪ちゃんとのツーショットのシーンは、多分台にでも乗っていたんだろうな、なんて思うけど。
しかしトム君の日本語は【KILL BILL】なんぞでユア・サーマンやルーシー・リューが使っていたものより格段にお上手でした。
まぁこの映画自体、日本・・・と云うより、日本の時代物ヲタクのトム君の自己満足な作品なので、熱の入れ方が違うんでしょうなぁ・・・・・・。しかしこれ、日本人には好評かもしれないけど、普通のアメリカ人が見てもちっとも面白くないんじゃないかな。


ところで皆さんが絶賛している渡辺謙。
ワタシは正直云って、あの・・・その・・・そんなに演技上手い? と・・・思って・・・・・しまった。いや、ワタシは演技のことについてなんて、よく知らないんだけど。
多分、英語がちょっと不自然なところがあったせいかなー・・・なんて思うんですけど。でもこの人、スキンヘッド似合いますね。日本人でスキンヘッドがここまで似合う人って、あまりいないと思う。多分、姿形のカッコ良さも、この人がポイント高い原因でしょう。
それにゴールデングローブ賞の助演男優賞にノミネートされたんだって? コレはすごい。アカデミーほど閉鎖的じゃないから、もしかしたら・・・って思わせるね。
それにラストの渡辺謙は、さすがにカッコ良かった。それこそ「これは謙ちゃんの映画」と云わしめるだけありますわ。

話はですねー・・・日本が江戸時代から明治時代に移っていくにつれて、近代国家へと変わろうとしている悲哀みたいなものが表れているところが好きでした。アレは古きものを全部なくせばいいってもんじゃないのね、と云いたかったのかなぁ。
しかしまぁ、信長だって鉄砲使っていたんだから、武士だから鉄砲使わない云々ってのは江戸末期と云う観点から見たらかなり矛盾なんですけど。
それと最初の突っ込みどころは、なんと云っても富士山・・・・・・どこから入れば、あんなふうに富士山が見えるっちゅーの。
どこで撮影したんだろう、あれ・・・・・・っつーか、どこの山だ。
そして最大の突っ込みポイント。

最後のアレ、トム君だけ死なずに、それどころか結構ピンピンしているのって何故?

多分これ、みんな思うんだろうなぁ。
真田広之の、ドテッ腹に銃喰らった後にガンガン動き回る姿ってのも、なかなか

「そりゃねーべ」
と思わせるところだったが。
あと皇室のことはよく判らないけど、あの頃の天皇って、あんなに軽々しく姿を現したりするのかなーなんてことは思った。


まぁでも、そういう突っ込みどころを全て無視して見れば素敵な映画だったのではないかと。
スポンサーサイト


MOVIE | 02:31:42 | Trackback(0) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03月 « 2017/04 » 05月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。