スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『ヨリックの饗宴』
映画の話じゃなくて、今回は本。
ワタシが常々好き好き云っている、五條瑛氏の新作なのだ。

五條氏は防衛庁上がりなだけあって、骨太な話が多い。でもそこは女性、どこかほんのりと男の野望とか友情とか微妙な同姓同士のうっふん(?)な雰囲気もあって、かなーり好き。
革命シリーズが好きなのだが、今回の本はタイトルから判るようにシェークスピアな話・・・・・・ではない。
シェークスピアの登場人物のコードネームを持つ妖しい連中の話だ。

同じく五條スキーの宮城県民なそ●し姐さんが「今回はシェークスピアなので読みにくいかもなのだ」と云っていたので、あまり期待せずに読み始めたのだが・・・・・・この話、ワタシにとっては結構好みかもしれない。ドキドキ・・・・・・。
っつーか、美形な大人の兄弟が出る時点で、変態のワタシは萌えるのだ。
っつーか尊大な兄ちゃんが、実は家族大事で「弟を奪おうとするヤツは、例え我が子でもブッ潰す」的姿勢が変態オンナにはかなり萌えなのだった。
自分に似ている幼い我が子でも、弟を奪おうとするから虐待って・・・アンタ大丈夫かよ、と普通は思うところだが、そこは変態同人オンナ思考「そんなに弟好きか、兄ちゃん・・・・・・歪んだ愛情ドキドキ・・・・・・」と考えてしまうのだから救われない。
恐らくワタシの脳内はほぼ腐っているのだろう。アーメン。
スポンサーサイト


BOOK | 02:28:45 | Trackback(0) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03月 « 2017/04 » 05月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。