スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『hereafter』
1182_13744215103.jpg
ジャーナリストのマリーは、東南アジアで津波に飲み込まれ、呼吸が停止した時に不思議な光景を見る。サンフランシスコ―かつて霊能力者として働いていたジョージ、今では工場に勤めている。ロンドンで暮らす少年マーカスは、突然の交通事故で双児の兄を失う。兄を思うマーカスは、霊能力者を捜すうち、ジョージのWebサイトに行き着く。一方、マリーは臨死体験を扱った本を書き上げた。やがて異なる3人の人生が交錯する日が来る…。

太平洋の奇跡を観に行ったら、時間が合わなかったので、仕方なく観た作品(え)
いや、クリント・イーストウッドって知らなかったし。知っていたら、とっとと観ていたし。まぁ結構早く観たほうではあるが。
イーストウッドの作品って好きなのね。先日、イーストウッド作品の人気投票とかあったらしいけど、あっきーの意見とはまるで合わなかったのはなぜだ。

閑話休題。

hereafterとは「来世」と云う意味なんだとか。ほぅ。
来世と云うか、死後の世界の話って云うか、死者と話をすることの出来る男、一度死んだ女、双子の兄をなくした少年の3者が、それぞれ米仏英で繰り広げるお話。
それが最後に一同に会すんだけど、それまでの過程がまぁ、どいつもこいつも淋しいよね…みたいな。
特にマーカス少年のパーツが哀しい。ドラッグ依存症のダメダメ母親を一緒に庇っていた双子の兄の突然の死によって、母とも兄ともお別れとなる少年。子供に罪はないのに、犠牲になるのは子供だよねってのを感じさせられた。
彼が必死に、本物の霊能力者を捜し、死んだ兄と会いたがるのが切ない。でも地下鉄の事故の時はドキドキした。
最後にジョージがついた「嘘」によってマーカスが希望を持つのは良かった。

1543_3610670445.jpg

ジョージは兄貴に恵まれなかったけど、ラストは良かったね、と云うべきか。
途中でいい雰囲気になりかけていた女性は、自分で聞き出しておいて、やっぱり聞くんじゃなかったって去っていくところが腹立った。まあ無理なかったのかもしれないけれど。
しかしジョージが英国でディケンズ巡りの観光を、本当にワクワクして参加しているのは笑えた。ヲタクが悦びを噛み締めて、参加しているっぽなのがよく判る場面だったもん。マット・デイモンって、ああいう演技上手いなー。本当に愉しそうだったよw
しかしマット・デイモンは見るたびにおっさん臭くなっていく……気のせいだろうか。

マリーのパートは一番賛同しにくかったかな。臨死体験すると、ああなっちゃうもの?
まぁでも、結構歳行った女性だったけど、綺麗だったよね。ああいう歳の取り方には憧れます。
それに後釜の女キャスターが全然綺麗じゃなかったぞ!
ってのはともかく、マリーとジョージがラブい雰囲気になりつつ終わるってのは、今イチ納得いかなかったけどね。
あれは必要な出逢いだったのかな?
まあ、希望の持てる未来ってのを示す必要があったんだろうけどね。
スポンサーサイト


MOVIE | 01:23:01 | Trackback(0) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05月 « 2017/06 » 07月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。