スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『Inglorious Bastards』
Inglourious_Basterds_poster.jpg

1944年6月、ドイツ占領下のフランス。映画館主のミミューはドイツ軍の英雄フレデリックに言い寄られ、挙げ句にナチスのプロパガンダ映画をプレミア上映させられることになった。その事実をつかんだイギリス軍はナチス諸共映画館を爆破すべくアルド中尉率いる“イングロリアス・バスターズ”を動員し、スパイのブリジッドと接触を図らせる。一方ナチスでは“ユダヤ・ハンター”の異名をとるランダ大佐が動き出し…。

「イングロリアス・バスターズ」とは名誉無き野郎共(だったっけ?)という意味だそーだ。
何か知らんが、ユダヤ系米国人で構成される連中でしたが……。何でアメリカ人? まぁアメリカ映画だからね…ナチスを憎み、ナチス狩りを使命とするらしいよ。

月1ゴローで吾郎さんが「歴史を無視した歴史映画」って云っていたけど、云いえて妙です。ってか、完璧な娯楽映画ですね。
まぁつまらなくはないけど、記憶に残り辛い映画かも……。ただワタシは結構好きな部類の作品だった。っつーか、かなり好きかも。タラ作品で『パルプ・フィクション』以来の大ヒットになったそうだよ。ユダヤ人が沢山観に行ったのかな。『南京!南京!』だったっけ。あれを中国人が観に行くのと同じ感性……と書くとユダヤ人が怒るかも。
どうでもいいが『キル・ビル』とか今イチだったのかなぁ? あれはあれで好きなんだが。
どうやらワタシは、タランティーノ作品が好きらしい…と云うことを認識した作品かも。

0000000.jpg


観る前からこの女の人のこの映像がやけに印象に残っていたんだけど、赤と黒ってやっぱり相性のいい組み合わせだよね。カッコいい。インパクト大。でもこのシーンはヘビィだったよね。ナチスへの復讐に燃えるショシャーナ。綺麗な人です。
ってか、連合国スパイの女優役の人といい、この作品に出ていた女優さんは綺麗な人ばっかで眼の保養。
ショシャーナに恋するナチの英雄ダニエルも、ただの純朴青年じゃなくて、うへぇ…っぷり炸裂で面白かったよー。

01300.jpgで、この映画の主役のブラッド・ピットは、主役だけど、結構脇に回ったような役回りだったような。ブラピはちょっと頭のイカれたアメ公が似合うねぇ。あの訳の判らんイタリア語には爆笑ですよ。

で、この作品で注目を浴びまくったナチスの大佐。すごく印象に残るよ。注目されたのが判る演技っぷりでした。
ただ恫喝とかするんじゃなくて、にこやかに、じんわりと相手を追い詰める、すっげー心理的に怖い人。頭のいいSS。
だから最後のアレがヲチなんですなぁ。


inglourious-basterds_fifth_mainbg.jpg


いろいろユーモアもあって、話も面白くて、センスの良い作品でした。ジャケもカッコいいよぅ。
そんでもってナレーターがサミュエル・L・ジャクソン。うーむ、どこにでもいるサミュエル・L・ジャクソン。
さすがだ。
スポンサーサイト


MOVIE | 23:37:23 | Trackback(0) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08月 « 2017/09 » 10月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。