スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『2012』
2012_Poster.jpg

2009年。太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、3年後に世界は終わりを迎える―。この驚愕の事実をいち早く察知した地質学者エイドリアンは、すぐに米大統領 主席補佐官に報告。やがて世界各国の首脳と一握りの富裕層にのみ事実が知らされ、人類を存続させる一大プロジェクトが極秘に開始される。そして2012年。売れない作家のジャクソンは、子供たちとキャンプにやってきたイエローストーン国立公園で、政府の奇妙な動きを目撃。世界に滅亡が迫っていることを、偶然知ってしまう…。

いわゆる災害モノに当たるのかな? それとも滅亡モノとでも云うべきか……。
『インデペンデンス・デイ』や『デイ・アフター・トゥモロー』と同じローランド・エメリッヒ監督作品ってことなので、まぁありがちとも云えるストーリー。
かなり前から予告編が流れていたから、超大作なのね~とは思っていたけど、まぁ何が大作かってーと、CGの凄さと金のかけ方なのかなぁ。。。と云うのが感想。
ポスターはかなりいいね。誰が主役かよと思わせるけど、この自然への警鐘っぽいところがいい。

001000.jpg



世界の終末の話だけど、観る前までは正直、結局災害は治まって人類もちょこちょこ生き残るって話だとばかり思っていたのに……。
船に乗れた人以外は死ぬって結末には正直笑った。
っつーかこれ、つまり運と金と権力が物を云うって話なんじゃあ……。
キャラクターは特にどうってことはない人物ばっかだったかな。憎まれっ子もステレオタイプだったし。金持ちロシア人もそのガキ達もありがち。でもサーシャ(笑)は良かった。名前が(え)萌え。
そんでもってアメリカ大統領がクリーンすぎます。
あの大統領は黒人だったから良かったかも。これで白人の大統領があの行動を取っても「うっそくせぇw」と思ってしまうからね。
何が云いたいかと云うと、ぶっちゃけ、ストーリーは二の次。っつーか、話としては駄作。
観るものは映像。何を置いても映像。
そう考えると、絶対にスクリーンで観るべき映画ですね。大スクリーンの迫力あってこその映画。
今時、いくらTVの画面がデカくなっているとは云え、映画館のスクリーンと比べるべくもないし、音響とかも考えるとやっぱり映画館で観るべきですな。
ただ話はクソだから、サービスディに行くべきだな、うん。

スポンサーサイト


MOVIE | 23:34:24 | Trackback(0) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06月 « 2017/07 » 08月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。