スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『Burn After reading』
burnafterreading_galleryposter2.jpg

CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャドとリンダ。チャドはそれを利用して一攫千金を狙う大胆な計画を思いつく。そのころ、元CIA諜報員のオズボーンは、機密情報の紛失にうろたえていた。一方、オズボーンの妻ケイティは、財務省連邦保安官ハリーと不倫中で…。

1007366_01.jpg
日本だとブラピの画像ばっかが流れていたコーエン兄弟の最新作である今作。
この画像ね→。
ブラピ以外にもジョージ兄貴やマルコビッチさんなど、5大キャスト共演(ブラピ、ジョジ・クル、マルコビッチ、整形オバチャン(この人の名前だけ出てこない・・・)、&最近よく出ているティルダ・スウィントン・・・なんだよね?)っつーのがウリのシニカルクライムムービー。
だと思っていたら、米国のヤホー(笑)でもブラピが一面デカデカだったわ。
一応、ジョジ・クル兄貴がトップクレジットなんだけど、一番の売りはお莫迦なブラピなのかもしれない。

そんなこんなで、コーエン兄弟らしい、ブラックと云うかシニカルと云うか、毒たっぷりな作品。
もともとコーエン兄弟監督作って、万人ウケするような映画作る感じじゃないけど、面白いなぁ! って思う人と、うーん・・・盛り上がりに欠ける・・・と感じる人と分かれるんじゃなかろーか。


burn2.jpgブラピのキャラに、筋肉オタクで少々オツムの弱いチャドってのは、似合っているようで、これまでやってこなかった役柄だけあって、結構ウケたみたいだし、そこが日本でも大売出し! ってとこなんだろうけど(「私は善良なサマリヤ人です」ってのが、すげぇ好きだったわ)、肝心の話は個人的には今イチだったかな。
オズボーンに相手にされないリンダ(&チャド)がロシア大使館とかに行っちゃうところは「ぷっ」って感じだったし、CIAの超ド級な非道っぷりも、ハリーの女たらしでデカい口叩いている割には実は小市民で、やっちゃった! みたいなところは笑えたけど、個人個人のキャラが立ちすぎて、ストーリー自体がかき消されちゃったってところかな。


ああ、でも、チャドの行く末には、さすがに「まさか!」って思ったよ。しかもかなりあっさりと。
あれが一番ビックリした。
スポンサーサイト


MOVIE | 22:36:06 | Trackback(0) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06月 « 2017/07 » 08月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。