スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『The Other Boleyn Girl』
theotherboleyngirl_galleryposter.jpg
最初に愛されたのは妹メアリー、でも王妃になったのはアンだった。世界を変えた美しくも哀しい愛の物語

16世紀、イングランド。20年にわたる夫婦生活で王女メアリーしかもうける事が出来なかったヘンリー8世はの目下の関心事は、立派な男子の世継ぎをあげる事。一族の富と権力を高めるため、新興貴族のトーマス・ブーリンは自慢の娘アンを差し出す。しかし、王が目をとめたのは清純で心優しい妹のメアリー。姉より先に結婚したばかりのメアリーは夫と共に、王の愛人となるべく宮廷にあがる。アンは姉でありながら、結婚も王の愛人という立場も妹に奪われてしまったのだ。一族の発展のための企みが、次第にアンとメアリーの絆を、王の愛を巡る非情な対立へと変えていく…。

natalie_portman9.jpgヘンリー8世、こいつが元凶。

ちゅうことで。

以上。
じゃなくて。

アン・ブーリンって、世界史専攻した人なら記憶にある人物じゃないでしょうか。所謂エリザベス1世のお母さんな訳ね。そのアンと、妹のメアリーのお話である本作。
アンはイギリスだと割と評判? いいのよね。イングランド(イギリス)がプロテスタントに向かった下りとか、イギリスを世界の強国へと導く絶対君主の女王となるエリザベス1世を産んだ人なので、今のイギリスの礎を築いた人って感じで密かに尊敬されていると訊いたことがあります。
つまりナタリー・ポートマンがケイト・ブランシェットを産む話だと思えば良い訳ですね(違)


ナタリー・ポートマンがアンを演じた訳ですが、正直普通にメアリーよりアンのが美人じゃんと思ったのはワタシだけじゃないはずだ。両親が黒髪(ブルネット)なのにメアリーがパツキンってどうよ!? と云う突っ込みはともかく、ワタシが男だったら最初からアンに行ってるぜ!(それはナタリーがワタシの好みの美女と云うだけの話・・・か?)
っちゅうか、スカーレット・ヨハンソンって、あんなロバ面と云うか、老け顔っちゅうか・・・・・・(汗) 何かあまり美人に見えなくて戸惑ったくらいだ。ユアン・マクレガーと共演したクローン人間がなんちゃらとか云う近未来のヤツ(タイトル忘れた)だと、すっげぇ美人に見えたんだけどなぁ。


それはさておき。
あの頃の王様って、すンげぇ権力があったのね。あっさり王妃を死刑にする(枢機卿が判決を下したとは云え)のが、もう情け容赦ないっちゅうか。まぁ考えてみると、一番可哀想だったのは、ジョージだった気がしないでもありませんが、諸悪の根元はヘンリー8世の股間の緩さだろうに。
あいつこそブッ殺せ。

スポンサーサイト


MOVIE | 01:05:13 | Trackback(2) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「ブーリン家の姉妹」歴史なんて、色恋沙汰次第…。
記事投稿日時 2008年10月4日22:10 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始後、1週間固定。 “ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン夢の共演!”「ブーリン家の姉妹」(ブロードメディア・スタジオ)。イイですね~、今が旬の美女2人が共演。 2008-10-11 Sat 02:05:18 | シネマ親父の“日々是妄言”
The Other Boleyn Girl 「ブーリン家の姉妹」
ヘンリー?世に処刑された悪名高い姉アンをNatalie Portman(ナタリー・ポートマン)、その妹がScarlett Johansson(スカーレット・ヨハンソン)で悪女に翻弄される王をEric Bana(エリック・バナ)が演じた史実の映画化がThe Other Boleyn Girl「ブーリン家の姉妹」。世継... 2008-10-11 Sat 09:36:22 | 表参道 high&low
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05月 « 2017/06 » 07月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。