スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『The Sentinel』
thesentinel_bigreleaseposter.jpg


シークレットサービスのピート・ギャリソンは、ファーストレディ護衛の任務に就いていたが、守るべき彼女と愛し合う関係となっていた。そんな中、彼の同僚が自宅前で射殺され、ギャリソンのかつての部下、デヴィッド・ブレキンリッジは事件の捜査を開始。しかし事件が解決せぬ内に、ギャリソンに接触してきたタレ込み屋から、大統領暗殺計画の存在と、それにシークレットサービスの高官が関わっているという情報がもたらされ…。





これは、そんなに昔に見た映画じゃありませんよ!
た、多分3週間ほど前・・・・・・(汗)
しかしそんなに印象に残っていない映画なのも確かかも。

邦題『ザ・センチネル 陰謀の星条旗』
なに、このB級感溢れるタイトルは・・・・・・みたいな感じですね。
ここのブログ、タイトルを一応、その国のお言葉で書くようにしているから、これってどんな原題なんだろうと迷いまして、まずはそのまま「ザ・センチネル」ってのを英文にしてみるかーと思って検索してみたら、簡単にヒットしちゃいましたよ。
ってか、じゃあサブタイの『陰謀の星条旗』って何なのよ・・・とか思ったり。


kiefer_sutherland5.jpg

マイケル・ダグラス、キーファー・サザーランド、キム・ベイジンガーって、結構そうそうたる面子じゃありませんか! って感じなのに、内容的には何か今イチでしたな。
いや、そこそこ面白いんですけど、やっぱりB級感が漂っているとか・・・・・・・何か、昼ドラが似合いそうなストーリーと雰囲気だったし。
で、シークレット・サービスって結局すごいの? みたいな内容だったし。200年間裏切り者が出なかった割に、陳腐な理由で裏切っている人いるし。しかも元KGBが犯人って、そりゃないぜ的安易な設定じゃありませんか。
結局、元KGBの人達は何がしたかったのかがよく判りませんよ。
それともこれは、元KGBのプーチンに対する挑戦状なのか!? 米国の厭がらせ映画なんかに負けるなプーちゃん! と云うことで(違)

sentinel2.jpg

ところでアタクシは、この新米シークレットのお姉さんが、実は鍵を握っていて、ホントは陰謀を知っていて最後に化けの皮を剥がすんだ! くらいに思っていたら、本当に本当にタダの新米シークレットだったのでガクッと来ましたよ・・・・・・。
いや、いいとこ持っていくところとか、まさにヒロインだったんですけどね。
キム様がヒロインじゃなかったのね、みたいな映画でした。
スポンサーサイト


MOVIE | 23:42:47 | Trackback(0) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04月 « 2017/05 » 06月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。