スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『DEATH NOTE デスノート 前編』

The human whose name is written in this note shall die.
このノートに名前を書かれた人間は・・・死ぬ。


名門大学に通い、将来の警視総監を嘱望される天才・夜神月(やがみライト)。彼は偶然手に入れた、名前を書かれた人は死んでしまうノート“デスノート”を使い、法で裁かれない犯罪者を次々と殺していく。その目的は犯罪のない理想社会の実現だ。一方ICPO(インターポール)は犯罪者の大量死を殺人事件と考え捜査を開始。世界中の迷宮入り事件を解決してきた謎の探偵・Lを捜査に送り込んできた。そして月とL、2人の天才による壮絶な戦いが始まるのだった。



ワタシもポテチはコンソメ派です。

最近、コミックスがバカ売れらしいですね。映画化の影響でしょう。
そう云えば本日書店に行ったら、ドラマや映画の原作本コーナーがあったんだけど『海猿』『クロサギ』『ハチミツとクローバー』『NANA』etc・・・などがある中で『DEATH NOTE』は他の原作本とは比較にならないほど売れていた・・・。ない巻数もあったし。


そんなこんなで『DEATH NOTE』。人気コミックスの映画化。
原作とは若干、話が違っていましたが、なかなか面白く見られましたよ。
って云うか、原作と違うからこそ結末が愉しみです(だからってLがピンピンして勝利するのも何だかなぁと思うけど・笑。やっぱり月に勝って欲しいかな)。
これなら後編も見に行こうと思う。ミサミサの活躍も愉しみだし。

余談ですが『デスノート』って、子供に悪い影響を与える作品とか云うヤツにランクインしているらしい。
よく行われているヤツですな。最近だとロンブーの番組が常連のイメージがありますが。あと『クレヨンしんちゃん』?
現実的にあり得る話じゃないのに、やっぱ悪い影響を与えるって母親達は思っている人が多いってことかな。何か笑っちゃう。
光市で母子殺人した当時18歳の少年は、月だったら速攻殺してしまいそう。間抜けな母親達は、そういうんじゃなくて、ちゃんと裁判をして死刑にするなら死刑、無期懲役なら無期懲役って、綺麗事ばかり云っている人間の臭いがプンプンするなぁ。で、実際に無期懲役だと文句云いそうなタイプ。
まぁ人間は生き返るって思っている子もいるらしい今時の社会なので、母親達がそういう心配をするのは致し方ないことなのかもしれないが(っつーか、そういうふうに子供を育てている親に責任があるような気もするけどね)。


閑話休題。


原作では高校生から入った月が、映画だと大学生でスタート。藤原君なら高校生でもいけるような気がしないでもないが(笑)
まぁそんなこんなでデスノートも月が大学生の時に拾う。


しっかし藤原君って字が下手だな(滝汗)


あの字の下手さには、結構衝撃を受けてしまった。ま、まぁいいけど。

そんでもって「ライト」って名前、実際に口に出して呼ばれると違和感あるな(笑) 日本人らしくない名前だもん。
月の性格も原作とはちょっと違っていたかな? と思ったり。原作の月は、犯罪者への制裁と云う観点からデスノートを使うってこともあったけど、元は「退屈だったから」って理由なんだよね。現代的って云うかな。
けど映画版の月は、はっきりと「正義のため」って理由が前面に出されていましたね。シブタクさんが無罪になった時の話を訊いて、怒りと虚しさに支配された月ってのが、映画の中の設定なんでしょう。
とは云っても原作同様、映画版の月も途中から暴走しちゃったけど・・・・・・。
FBIはまぁともかくとして、詩織のアレは・・・・・・ええええ? みたいな。衝撃的だからこそ面白かったですが。
何かでも、月の性格があの時点で既に晩年の原作みたくなっていたなぁ。

ところで月のオリジナルGFの詩織。
原作のままの展開だと、どう考えてもいらねぇだろ! って思いますが、映画版はストーリーを若干変えてきて、あのラストを作り出すためには彼女は絶対に必要だった。
ってことで、映画版の『デスノート』としては彼女はいてOKと云うのがワタシの展開です。


えーっと約2時間の映画でしたっけ。飽きさせず、ぐんぐん引き付けられる力はあったような。
ただそれはワタシが原作を知っているからそう思っただけで、原作読んでいない人はどういう感想だったんだろう。
展開が速すぎるのは限られた時間の中でなので仕方のないことでしょう。あと月の内面も省略されすぎてはいましたな。
そう云えばレイとナオミの話も若干変えられていましたな・・・・・・ナオミが賢いんだかバカなのかがよく判らん。
レイの膝の上に頭を乗せて「貴方に出会ってしまったからよ」とかヌカすナオミが正直キモかった。ナオミはもっとクールでいて欲しかった。
レイはまぁ・・・ただのオッサンだったってことで(笑)


他のキャラはまぁそこそこ普通で。
総一郎がいいんだか悪いんだか。松田はやっぱりヘタレ(笑) 松田役の俳優さん、どっかで見たことあるんだけど、どこで見たんだろう。きっと何かのドラマに出ていたんでしょうなぁ。

そうそう。日本映画なのだから仕方ないんだけど、ワタリとLって日本人なのかよ! って突っ込みたかったのはワタシだけなんだろうか。
ワタリは評判良さそうだし、Lもそこそこいいみたいだから、きっとワタシだけなんだろうなぁ。
松山さんのLは思っていた以上に良かったけど、でもやっぱりメイク濃すぎ感が拭えない。
仕種とかは良かった気がします。
そう云えば捜査本部の中に女の人がいましたが、あれは後編で何か伏線でもあるのかしら。


CGリュークが違和感ないって云っている人も結構いるみたいなんだけど、そりゃ嘘だ。
最初出て来た時は、やっぱり微妙に違和感ありましたよ。
所詮CGはCG。
違和感ないって云うんじゃなくて、違和感あったけど見ているうちに慣れていくと云うのが本当のところじゃないのかな。
そして話題になっていたリューク役の声優・・・・・・別に騒ぐほどの人じゃなかった気もするが、似合ってはいた。


そしてリューク以上に嘘臭かったのがエキストラ。
キラ信者みたいな人達の街中での会話がかなりワザとらしい。ネットの書き込みもキモい。
稲垣吾郎がFBIの外人達がコントに出てくる外人みたいだったって云っていたけど、ごもっとも。
云い得て妙。上手いコメントですな。

スポンサーサイト


MOVIE | 00:51:28 | Trackback(19) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

DEATH NOTE デスノート 前編
観てきました。<新宿ジョイシネマ1>監督:金子修介脚本:大石哲也音楽:川井憲次すっかり覚えちゃいました。「このノートに名前を書かれた人間は・・・・・・・・死ぬ」のキャッチ。ご多分に漏れず原作のファンなので、実は今年前半で一番楽しみにしていた映画。前編と言 2006-06-25 Sun 00:55:18 | お萌えば遠くに来たもんだ!
DEATH NOTE デスノート 前編
累計1500万部突破の大人気コミックの映画化。もちろん!!コミックのほうでも読んでるファンでありますw若干、原作とは違った展開するんですが、面白いっっ原作を知らなくても楽しめる、引き込まれちゃうと思います! 2006-06-25 Sun 01:17:27 | 色即是空日記+α
デスノ-ト 前編
コミックで言えば、3~4巻までくらいでしょうか?この分だと、後編は月(ライト)とL(エル)の対決で終るのかな~?どうせなら、映画版オリジナルのラストでもおもしろいかも・・・。実は、私はデスノ-トを知らなかったのですが、昨年、ネットで知り合ったお友達に教えても 2006-06-25 Sun 01:24:27 | ルナのシネマ缶
「DEATH NOTE~前編~」死のノートは天才を悪魔に変貌させた
「DEATH NOTE~前編~」は人気コミック「DEATH NOTE」を実写版にした作品で、天才大学生がある日偶然に拾ったデスノートは名前を記載するだけでその人物を殺す事ができる殺人ノートを手にした主人公が次々と法で裁けない犯罪者をノートに記載して殺していくストーリーである 2006-06-25 Sun 01:27:19 | オールマイティにコメンテート
映画「 デスノート 」鑑賞
原作は読んでいません。って言うか、「 デスノート 」って言う”存在そのもの ”を全く知りませんでした!1500万部突破の大ベストセラー・カリスマ・コミックなんですね!最新刊12巻は7月4日の発売だそうですね!何~にも知りませんでした!「 週間少年ジャンプ 」 2006-06-25 Sun 01:40:57 | C級セールスマン講座
「デスノート前編」
「デスノート前編」観て参りました。参りました。マイッタ!面白い!山田君、座布団百 2006-06-25 Sun 06:12:42 | 四十男の鉄下駄映画修行
テーマはいいのだけど「デスノート 前編」
監督:金子修介出演:藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、戸田恵梨香名門大学に通い、警察幹部を父に持つ秀才夜神月(やがみライト)。彼は偶然手に入れた、名前を書かれた人は死んでしまうノート“デスノート”を使い、法で裁かれない犯罪者を次々と.. 2006-06-25 Sun 07:23:50 | 再出発日記
『DEATH NOTE デスノート 前編』
なんと邦画・・・子供たちにも驚かれちゃった。実は、結構、藤原竜也くんファンなのです...それと【L】役の松山ケンイチくんがすご~く気になって、ドラマで見た彼とあまりにも違うから、どんな風に演じてるのか 2006-06-25 Sun 09:16:25 | 映画館で観ましょ♪
DEATH NOTE -デスノート- 前編
見応えと眠気が同居した曖昧な映画。原作を知らない人にはつまらないかも・・・ 2006-06-25 Sun 09:42:00 | Akira's VOICE
DEATH NOTE デスノート 前編/藤原竜也、香椎由宇
原作コミックのことは全く知りませんでしたが、劇場予告編の雰囲気や、デスノートという悪魔のツールをキーアイテムにした犯罪スリラー、天才的犯罪者と天才的探偵の頭脳戦というふれこみにはかなりそそられました。キャスティングも主演・藤原竜也くんに香椎由宇さん、瀬戸 2006-06-25 Sun 11:04:45 | カノンな日々
DEATH NOTE/デスノート
そのノートに名前を書かれた人間は死ぬ公式サイトデスノート◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆死神が落としたノートを手に入れたのは、頭脳明晰な大学生・夜神月(ヤガミライト)。ノートの使用法を読み、半信半疑で名前を書いた 2006-06-25 Sun 13:17:13 | 夢見る小悪魔
デスノート 前編
後編も観たいかも・・・[:わーい:]なかなか面白いゾ~[:ムード:]原作コミック読んでないけど観ちゃった!原作を未読でも、充分面白いです。中村獅童さんに告ぐ・・・これから“顔”は出さずに“声優”で出てください。って言いたいくらい、今回は“死神リューク”の声が良か 2006-06-25 Sun 14:40:08 | UkiUkiれいんぼーデイ
DEATH NOTE デスノート(評価:○)
【監督】金子修介【出演】藤原竜也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/戸田恵梨香/藤村俊二/鹿賀丈史【公開日】2006/6.17【製作】日本【ストーリー】退屈な死神が人間界に1冊のノートを落とし、退屈 2006-06-25 Sun 16:27:21 | シネマをぶった斬りっ!!
デスノート 前編
金子修介監督が『デスノート』を撮ると知って半年、『デスノート』にハマって半年、期待と不安を孕んでついに完成した実写版『デスノート』。白状すると期待が3で不安が7だった訳で、出来がとっても心配だったんですが、意外や意外!この映画、面白!原作ファンとし... 2006-06-25 Sun 18:43:46 | 5125年映画の旅
「デスノート」前編
ストーリーは大きな2点除けば、ほぼ原作通り。一種独特な「デス・ノート」の世界観を短い映画の時間内にどうにかうまくまとめられて好感もてますね。 2006-06-25 Sun 23:54:15 | しんのすけの イッツマイライフ
リュークってかわいいっ。~「デスノート・前編」~
初日9時40分R170にて。 混んでるのかと思いきや意外にシートの半分くらいといったとこ。 ほとんどが中学生男子の友達同士で 多分原作読んで期待してやってきたカップルとか あと、ぽつんぽつんとどう見ても私よか年上のおっちゃんがひとりで 鑑賞に来てたのが印象的だ 2006-06-25 Sun 23:55:54 | ペパーミントの魔術師
DEATH NOTE -デスノート-前編
漫画原作、という時点で地雷の匂いがぷんぷん。しかも超大人気のカリスマコミックとくれば、集客的に楽になる分、批評的には厳しくなると相場はきまっています。某有名映画サイトで25点(100点満点)のダメだしをくらった本作。賛否両論の嵐が吹き荒れておりますが、さてさ 2006-06-26 Mon 10:19:43 | 映画をささえに生きる
【劇場鑑賞64】DEATH NOTE デスノート 前編(DEATH NOTE)
ルールこのノートに名前を書かれた人間は・・・死ぬ。ルール死因を書かなければすべてが心臓麻痺となるルール書く人物の顔が頭に入っていないと効果はない退屈な死神がノートを落とし退屈な天才がノートを拾った 2006-06-26 Mon 20:46:49 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
『 DEATH NOTE (デスノート) 』
 公式サイト映画 『 DEATH NOTE (デスノート) 』 [試写会鑑賞]2006年:日本 【2006/06/17[前半]・10月[後半]ロードショー】監 督:金子修介原 作:大場つぐみ 漫 画:小畑健  大場 つぐみ, 小畑 健 DEATH NOTE (1) [ キャスト ]藤原竜也松山ケンイ 2006-06-30 Fri 03:21:28 | やっぱり邦画好き…
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03月 « 2017/04 » 05月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。