スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『NOCHNOI DOZOR』


特殊な超能力を持つ“異種”に生まれついた人間は、能力に目覚めた時に、光につくか闇につくかを自分で選ぶ。そして光の戦士は“ナイト・ウォッチ”として闇の異種の行動を監視し、闇の戦士は“デイ・ウォッチ”として光の異種を監視するのだ。予知能力を持つアントンは、光の戦士として危険な任務を行っていた。そんなある日、伝説の「災いを招く乙女」と思われる女性を発見する。魔女のオリガを相棒にしたアントンは、彼女の身辺を探るのだが・・・。


邦題『ナイト・ウォッチ』
同名のユアン・マクレガー主演作品とは何の関わりもございません。
基本的にタイトル=作品名は原題で書くようにしているんだけど、これはロシア映画だけあって、何て書いてあるのか判らんなー。
以前、チャレンジしようとしたことがあるのよね>ロシア語。難しすぎてやめたさ。


ロシア映画って今まで『ドクトル・ジバゴ』(だったっけ。医者のヤツ)と『KITTON(こねこ)』を見たことがある程度。
『こねこ』はワタシの中で普及の名作ですけどねぇ~。文部科学省推薦だし(意味不明)チグラーシャにはぁはぁ云っている、妖しいワタシがそこにいましたよ。
さて、そんなほのぼの映画と違って、アクションありサスペンスありホラーありゴシックあり(なのか?)なロシア映画の『ナイト・ウォッチ』。ダークファンタジーと云うべきなんだそうです。
本国だと『マトリックス』を超えたんだとか。
何で対象が『マトリックス』なんだろうねぇと思いつつ。超えたのは映像?
いやいや、ありがちですよ・・・・・・。
どちらかと云うと『コンスタンティン』と比較すべき映画でしたね、これ。宗教観のない『コンスタンティン』とでも云うべきか。
話自体、ちょいとマニア向けっぽくね? と思いつつ、個人的には結構面白かったですよ、これ。何っつーか、映像革命と云いつつ、そこはかとなく漂うB級感が「ああ、ロシア映画っぽいワン」と思わせていいのだよ。
ワタシはこの手の作品って好きだなぁ。


最初、甲冑とか出てきて戦い出した時には、これってそういう時代の話? と思ったりしたけど、現代モノでホッとしましたわ。
そんでもって、あの堕胎おばさんが強烈だったし・・・・・・あの人は闇の人なのね。
でも依頼されたんだから仕方ないじゃん・・・と思ったり。


そんなこんなで、主役のアントンはナイト・ウォッチ。
この人が最初に出てきた時は「なんじゃコイツ。コイツが主役? パッとしねぇなぁ~」くらいに思っていたんですが、あっと云う間に12年後になって登場した彼は、あら不思議、何か垢抜けちゃって別人のようになっているじゃありませんか・・・・・・。
で、あたしゃてっきり、世界を闇に染めるとか云われている予言の異種っててっきりアントンだとばかり思っていたのよ。そしたらイゴールだった訳ね。
よく判らなかったのが、なぜアントンはイゴールを自分の子だと思わず堕胎させようとしたのでしょう。それとも知っていてワザと? それともアントンが叫んでいたようにサヴロンの企て?
そこら辺がどうにもスッキリしません。
イゴールはイゴールで、あっさりとサヴロンに取り込まれすぎ。
まぁでも、この作品の場合、闇につこうが光につこうが、その人の好きで選べばいいって感じだから、闇についたところで、だからカオスを望んでいるって云う訳でもないみたいだし。光と闇が善と悪って対立じゃないのだ。
あくまで自己の責任において、みたいな感じだったわね。



そうそう、イゴールの話と云うか、吸血鬼の話と云うか・・・。
それに平行して進められていた呪われた女性の話って結局「だから何だったの?」みたいな感じでした。中途半端なエピでしたな、あれは。
どうせなら、吸血鬼&イゴール1本の話を濃くして進めたほうが良かったんではなかろうか。
あの呪われた女性も異種だったってことは、光について第2章以降にも出てくるのかな。


これ、3部作の第1章だそうで。ってことは当然続きがあると云うことですね。
そりゃそうかもねぇ。でなきゃ、あの救いようの無い終わり方で本当にいいの!? と云うことになっちゃうし。
しかし2章以降はアントンとイゴールの親子対決になるのかな。キミは光~、僕は影~みたいな(意味不明)
ところでロシアの人って美人が多いとか云うけど、一番の美女は元妻だったかなぁと思いました。
そんでもってイゴール役の子が可愛かったねぇ。

いろいろなブログをはしごすると、どうやら今イチっぽい感想が多いのが気になりますが(と云うかボロクソのところも結構多かったりして・・・)、ワタシは絶対2章も3章も見に行きますよ~。
そう云えばワタシ『コンスタンティン』も好きなのよね・・・ってな具合に、ブチブチ突込みまくりなくせして、やっぱりすっかり気に入ったのでした。
スポンサーサイト


MOVIE | 23:07:09 | Trackback(2) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【映画】 ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR ★  
ストーリー:特殊な超能力を持つ“異種”に生まれついた人間は、能力に目覚めた時に、光につくか闇につくかを自分で選ぶ。そして光の戦士は“ナイト・ウォッチ”として闇の異種の行動を監視し、闇の戦士は“デイ・ウォッチ”として光の異種を監視するのだ。予知能力を持つア 2006-04-12 Wed 23:12:39 | 徒然なるままに・・・
『ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR』
早くも今年のロシア映画第二弾!ロシアのネットを観るのは私の日課だが、2年位前にやたらよく見る広告があった・・「闇の番人」との文字と共に。TVか映画だろうなと思っていたら、今日観たまさにこれがそうだったのだ。よく考えれば『ナイト・ウォッチ』は英語で”夜(... 2006-04-13 Thu 02:21:58 | моя комната (私の部屋)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06月 « 2017/07 » 08月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。