スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『Syriana』

我らが(?)ジョージ・クルーニー兄貴がオスカーをGETした作品と云うことで急遽見に行きました。
いや、本当は『クラッシュ』か『ナルニア』見ようかと思ったんですが、前者は近所のシネコンではやっていなくて、後者は時間が合わなくて、ちょうど時間が合った『シリアナ』にしただけなんですが・・・・・・。


CIA諜報員ボブは、息子の進学を機に、キャリアに終止符を打とうと決心する…。一方、一流法律事務所の弁護士ベネットは、アメリカの巨大石油会社の合併調査を依頼される。又、ジュネーブ在住の石油アナリスト・ブライアンは、ある事件をきっかけに石油王の王子ナシールの相談役となる。そしてパキスタン人のワシームは、母国を離れ中東の油田で働いているが、過酷な労働と人間以下の生活に希望を失いかける…。


"シリアナ"とは、シリア・イラン・イラク三国の民族統一による中東再建プロジェクトの名称らしいです。
・・・・・・題材としてはかなり面白いと思うのですが、ハッキリ云って難しい映画だった。
何が難しいって、まずアラブ人の顔の区別がつかない!
人の顔の区別がつかないって、映画を見る上で結構な障害になりますわ。
自爆テロに参加する子とか就職難の子とか、あれ? これって同一人物? とか、この子さっき死ななかったっけ? とか、何かもうしっちゃかめっちゃかですよ。
それでも王子2人は性格とか野望とかがまるで違うものだから、何となく区別はついたんですけどね・・・・・・しかしそんな彼らですら、ぱっと画面が切り替わってどちらかが出てくると、これって兄? 弟? どっち? と瞬時には判断できないんですよ。



そして何よりストーリー自体も難しかったです。
まずもって中東問題自体が簡単に説明できる話ではないと思うんですが、その上さらに石油の利権の話が軸となって、アメリカ国家やアラブ国家、石油関連企業の合併話やCIA、某王国の後継者問題にアラブの宗教テロなどが複雑に入り乱れて絡み合ってくる。
おまけに途中では2カ国の字幕。目にも優しくない。

話を理解するのに時間がかかると思うのに、話はさっさと進んでしまうんですよね。中東の問題には無知な日本人だけに、画面をぱっと見て何気なく流れていくストーリーを瞬時に判断するのは本当に難しい。

それでも大まかな流れは何となく掴めるし、ラストは結構衝撃。
実話をベースに作られた作品とも云うけれど、そんな理不尽な結果でいいのか? と思ってしまう。
青臭かろうが理念を追いかけているだけだろうが、それでもお兄ちゃん王子のほうを応援したくなるのは人としてのサガなんじゃなかろうか(取りあえず日本人ならば。利益の絡んでくるアメリカ人だったら違うかもしれないけれど)。
っつーかね、こういうことを平気でしちゃうアメリカが、他国をテロ国家とか云って攻撃しちゃう訳なのねと唖然状態ですよ。
どっちがテロ国家? みたいな・・・・・・。




そんなアメリカ人はアメリカ人で、それぞれ立場や人柄によって全く別の思想や利益を追求し、動いている部分が興味深い。
暗殺、買収、陰謀なんでもありの映画だけど、障害になるからって一国の王子に対し、全く以って当然のように「目的物」扱いをして・・・・・・しちゃうところが怖い。それもほとんど無機質に、何とも思わずできちゃうのは、国家組織に仕えているうちに感覚が麻痺するからなんだろうか。
そう考えるとボブは本当に普通の「人」でありすぎたんだろうなと思ってしまう。
あとマット・デイモンが演じたブライアンの周辺のお話も結構面白かった。国家とは関係ない、企業人としてのアメリカ人のアラブ観ってああいうものなのかなと思わせる。
マット・デイモンと云えばすっかりジョジ・クル兄貴の舎弟なのですな。この人ってジョジ・クル兄貴とブラピが大好きですよねぇ・・・・・・。


そんなこんなで訳判らないところも多いけど、もういいやと思わせる映画ではなくて、DVDが出たらもっとしっかり、顔の区別もつくようにして(笑)見直したいと思わせるところがある作品だったかも。
スポンサーサイト


MOVIE | 15:35:28 | Trackback(3) | Comments(3)
□ コメント
初めまして。
TBありがとうございます。
こちらからもと思ったんですが、できませんでした。すみません。
この映画、難しかったですね。
私もDVD出たら復習します。
2006-03-11 土 20:26:43 | URL | April #3lCNfF7A [ 編集]
TBありがとうございました★
>この人ってジョジ・クル兄貴とブラピが大好きですよねぇ・・・・・・。
この中に是非親友・ベンアフレックも入れてやってください(笑)
2006-03-13 月 02:20:36 | URL | さわわ #- [ 編集]
■Aprilさま
コメントありがとうございます。
海外から怪しげなTBが続いたので、ちょっと制限していたのです。そのせいでしょう・・・。
お手数かけてすみま千円。

■さわわさま
そうそう、大親友(!?)のベンを忘れちゃいけませんな。
・・・・・・最近、どういう付き合いしてんでしょうね(笑)
2006-03-17 金 22:49:34 | URL | きりかぜ #zddsmPew [ 編集]
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『シリアナ』
スリリングでヘヴィーな入魂の一作。ドライでシリアスなタッチがいい。シリアナとは、私利のアナ。陰謀にゼツボウ。虚飾に汚職にショック。これこそオイル・ショック。石油をめぐるCIAとアラブの王族とアメリカ司法省とイスラム過激派テロリストの本当の関係。『トラフィ 2006-03-11 Sat 18:58:11 | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
シリアナ
最後に笑うのは誰 2006-03-11 Sat 19:38:25 | 悠雅的生活
シリアナ
満足度★★★アメリカってどこまでも主導権を握りたがるのね・・・石油をめぐって絡み合う陰謀・陰謀・陰謀・・・実話を元に作られた世界の真実(?)アメリカには逆らえない日本 2006-03-13 Mon 02:19:33 | だらだら映画・和日和
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03月 « 2017/04 » 05月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。