スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『Harry Potter and the Goblet of Fire』




正直、見てから3週間以上経ってますよ、あははは。
忘れていたわけじゃないんだけど、何となく忙しくて放置していました。感想書くと長くなりそうだったし。
しかし先日、ようやく翻訳版の『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』を読んだので、触発されてようやく映画感想。



『ハリーポッター』シリーズって正直小説は児童文学に毛が生えた程度のものだとしか思えないんだけど(原作ファンの人すみま千円)、映画になるとものすごい壮大なファンタジー作品になるなぁ。
小説だと各キャラの欠点がもっといろいろと書かれていて「ヤなガキ」と思わせるキャラが多いし、何よりホグワーツの先生達が子供顔負けの精神的未熟児ばかりだし、今時そこまでの莫迦はいねぇよと思わせる行動取るしなぁ。
それが映画になると、誰も彼もグンと株が上がるから不思議だね。作品としては、子供から大人まで楽しめる作りになっちゃうし(でも作が進むことに大人向けになって行っている気がしないでもないけど)。
しかしそれでも原作を読んでから映画を見に行ったほうが明らかに楽しめる不思議な作品・・・・・・映画は原作のしょーもない部分をはしょってくれるけど、細かい説明もされているので映像にしてそれを見るとより引き立ててくれるんだよね。
ただこれはあくまで「原作読んでいる」立場としての意見なので、原作を読まずに行くと訳の判らない部分も多いのかもしれないですね。


この映画の前に『ダ・ヴィンチコード』の予告があって、こっちもワクワクしましたってことはさておき。
小説としては前作の『アズカバンの囚人』が好きですが、映画だと今回の『炎のゴブレット』が面白かったかな?
原作だと前作の『アズカバン』までが1冊だったのに対し、この『炎のゴブレット』から上下巻になるし、どうかなぁ・・・と思っていたら、案の定? 時間が足りなかった印象があります。つまり原作を読んでいる人は判るだろうけれども、読んでいない人にとっては説明不足で訳の判らない部分も多かったんじゃないかなぁってことです。
余談ですが、今回登場する新聞記者の女は久々に本当にムカつくキャラクターだったなぁ。原作の時点以上にムカつく映画版の女記者。いくらゴシップ新聞の記者だからって、あまりにも常識なさそうで厭な感じが。

主役のラドクリフ君はじめハリー、ロン、ハーマイオニー役の3人は大人になりましたねぇ。本当にでっかくなった感じ。
特にハーマイオニー役のエマちゃんは色っぽくなりました。『めざましTV』の大塚さんがはしゃいだ気持ちも判らないでもない(笑)
この子、横顔のラインがマット・デイモンに似ていると思っているのはワタシだけでしょうか。
そんなことはともかくとして、世界中で成長を見守って貰っている3人組ですな(笑)


原作を読んでいる身としてはこの映画のストーリーは判っているのでハリーがやられることはないのが判っていて、そこは安心して見ていられましたが、それでも結構ドキドキするシーンがありました。
何がドキドキって話の筋じゃなくて、やっぱり映像に引き込まれてドキドキって感じかな。それだけCGはすごくて迫力ありました。
対抗試合の試験やクィディッチワールドカップの映像は呆気に取られる素晴らしさ。TVの予告等でいろいろ流れていたのに、それでもすごいと思わせるところがこの映画の質の高さなのかもしれない。
あとドラゴンや水魔の造りが綺麗で想像以上だったし、巨大迷路の造りは「やっぱり英国人が原作書いているだけあるな」と思わせる凝りっぷりだったかも?


話の筋としても、原作を読んでいたとしても気になる「あの人」ことヴォルデモートが今回ついに登場。
先に見た友人から「名前を呼んではいけないあの人」はレイフ・ファインズだったと訊いていたのですが、しかしそうと訊いていても「誰やねん、これ」としか思えないお顔のレイフ・ファインズ(笑)
鼻がなくて目ン玉だけがあると云った印象だし、ちょっと間抜けなイメージすらあって、何か「ぷっ」て感じでもあったけど。


個人的にこのシリーズは、最初は話題作だし・・・と云った程度で見に行っているような気がするのですが、見終わった頃にはいつもそれなりに楽しませて貰ったと云う気分になっています。
スポンサーサイト


MOVIE | 20:45:48 | Trackback(4) | Comments(3)
□ コメント
はじまして!トラックバックありがとうございます!あっきーさんのもTBしましたのでよろしくおねがいしま~す(^^)P
2005-12-24 土 14:06:33 | URL | まむまむ #GrQ2Dt4Q [ 編集]
こんにちわ、TBありがとうございました!
こちらからも貼らせていただきますね(^-^)
今回も素晴らしいCG映像で見事に原作の様子を表現しててすごいなーといつものことながら感心しつつ観ました~
しかしヴォルデモート、えらくひどい顔でしたね(笑)
次回からもあのままなのかと心配です
せめてもうすこし顔出してやれよといいたくなる・・・
2005-12-26 月 14:53:53 | URL | さわわ #- [ 編集]
■まむまむさま
こちらこそTBありがとうございます。よろしくお願いしますv

■さわわさま
TBありがとうございます。
ヴォルデモート、次はもうちょっとマシな顔になるんでしょうかねぇ。
2005-12-30 金 20:25:46 | URL | きりかぜ #zddsmPew [ 編集]
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ハリーポッターと炎のゴブレット
子供たちが冬休みに入ったので、映画館がごった返す前にハリポタを観て来ました。も 2005-12-24 Sat 13:08:07 | やりたがり家づくり記!
ハリーポッターと炎のゴブレット
なんと昨日(19日)原作読み終わって感想ブログ書いた後、ちらっと映画情報検索したら・・・なんと!先行上映日でした! しかも地元の映画館でもやってる!!!え、もしやコレ 2005-12-26 Mon 14:48:08 | 和日和
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」さよなら子供時代
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」★★★☆ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント主演マイク・ニューウェル監督、2005年アメリカこの冬一番の大作がいよいよ公開!「ロード・オブ・ザ・リング」にうつつを抜かしていたので「ハ... 2005-12-28 Wed 22:53:02 | soramove
映画館「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」
ハリポタシリーズは「賢者の石」「秘密の部屋」は劇場で観ましたが「アズカバンの囚人」はまだ観ていませんでした。シリーズモノは、きちんと順序どおりに観るようにしているのですが、大丈夫かなと思って観てしまいました。しかし「アズガバン」というのが今回の作品にも.. 2005-12-29 Thu 17:45:20 | ☆ 163の映画の感想 ☆
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08月 « 2017/09 » 10月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。