スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『CONSTANTINE』
intposter1.jpg


これ、初めは見ないかなぁって思っていた映画です。
ハリウッド映画の天使どうの悪魔どうのって云う、キリスト教世界観の映画ってどうも性に合わないもので。っつーか、判り難いなぁ・・・って映画が多いっつーか。
しかしいろいろなブログとか見ていると、結構評判良さそうだし、面白かったと書いている人が多いようなので、ちょいと見てきました。
それにやっぱり流行りモノは押さえておかなくちゃねぇ・・・ってことで。


それにワタシはキアヌが好きなのね。そう、Keanu Reeves。
来日するとラーメン屋に入ったり、お寿司屋で「ヒカリモノイッチョウ!」とか云って注文する妖しげなハリウッド・スターのキアヌ・リーブスが。
ドッグ・スター名義で知らん間に来日して、ヘタクソなギターで演奏していることもあるキアヌ・リーブスが。
開いた爪先とかを、ガムテープで修復して履いているキアヌ・リーブスが。
今までに付き合ったG・Fが軒並み不細(略)と常に書かれているキアヌ・リーブスが。
レオナルド・ディカプリオのお家の横にお家が建っているキアヌ・リー(しつこい)。


で、感想。

愛煙家かつ酒好き、とっても自己中心的な性格の持ち主のジョン・コンスタンティン。
彼は生まれついて持った能力で、普通の人には見えないはずの、現実世界と平行している天国と地獄からの生物が見えてしまう力を持ち、人に災いを齎す悪魔を祓う仕事をしている。
そんなコンスタンティンは肺癌のために余命あと1年   彼はどうしても天国に行きたい。けれども彼の死後の行き先は地獄と決まっている。
何故ならば、彼は1度自殺をしているから     
キリスト教の世界において、自殺した人間は天国には行けない。


運命の槍が発見された時、ナチスドイツの旗でくるんでありましたが、あれは何かの伏線なのか!? と思いつつ、結局最後まで特に何ってことはなかったですなぁ。
それとも続編でも作ったら(ありそう・・・)、あれがポイントになってくるのかな。


原作は流行りのアメコミだそうで。
Neoみたいなヒーローより、キアヌにはJohn Constantineのようなアンチヒーローの方が似合っていますわ、ええ。
キアヌは『ディアボロス/悪魔の扉』でもエクソシスト役をやっていましたが、映画の作品としても役柄としても断然今回の『Constantine』の方が上。別に比べるモンじゃないけどね。
本国じゃ悪意を持たれて大根と云われることも多いキアヌですが、少なくともこの作品に関してはものすごーく自然な演技に見えましたし、いい子ちゃんよりこっちのアンチヒーローみたいな方が性に合っているのかなぁ・・・なんて。
コンスタンティン役がキアヌに決まるまで、メル・ギブソンやニコラス・ケイジの名が上がっていたようですが、そんな面子の名前訊いてもやっぱりキアヌでしょ! と思ってしまいますな。まぁでも、やっぱり名前が上がっていたヒュー・ジャックマンは結構いいかも・・・と思ってしまうワタシがそこにいる訳で(死)


cons.jpg


しかしかかし、キアヌ演じるエクソシストのジョン・コンスタンティンがせっせと悪魔を追い返している理由が「天国に行きたいから」って、何っつーか悪ぶっている割に可愛い理由だなぁと笑ってしまう。
とは云っても、この作品の中で見せる『地獄』はちょっと怖い・・・・・・だって灼熱地獄だもん。普通に行きたくない。それに今まで退治していた悪魔連中に仕返しされるかと思うと、そりゃ地獄には行きたくないかもね、と思ってしまう。
その自己的な理由によって起こしているはずの行動が、結局は人類を護るための行為に直結していくってのはありがちなストーリーではあるけれど。
でも自己犠牲なんて、コンスタンティンにはして欲しくなかったなぁ。いくらキリスト教の根底にあるものだとしても、似合わない気がするんだが。


作中で何度か見せている、コンスタンティンと悪魔の対決も、スピード感があり、ちょっぴりグロさ(ちょっぴり?)、そして気持ち悪い虫みたいな雑魚悪魔が気持ち悪くていい感じ(日本語変)。
あと天使と悪魔、ハーフブリードの区別のところは、結構興味を惹かれる設定でしたな。

最後にラスボスことサタンが出てきますが、あれは人間界だから人間の姿をまとって出て来ているってことなんでしょうね。
しかしラストだけ見ると、要するに『神様と悪魔がコンスタンティンを奪い合う話』と纏めてしまうことも出来るよーな気が・・・・・・いやいや、うぅむ。
コンスタンティン、モテモテじゃんって映画ではありません。念のため。


cons2.jpg


ヒロインはこの手の映画のオファーが何故か多い印象のあるRachel Weisz。
Angela Dodsonって、やっぱり天使とかけているのか? Isabelは良く知らんけど。
コンスタンティンに魔除けを渡された時は特に何とも思わなかったけど、車を置いてくる場面でやけにクローズアップされていたので、ああ、これが伏線になるのか! と思ったら、本当にすごい伏線でしたな。
で、どうでもいいけど、地獄って東にあるんだったっけ?


そしてもう1人(人?)のキーパーソンとなるガブリエル。
天使だけあって両性具有。女顔だけどまんま胸ねぇなぁ、みたいな。
マリアへの受胎告知で有名な四大天使のGabrielとは別物と云う設定らしいです。まぁハーフブリードだからね。
演じた俳優さん、前にトム・クルーズ主演の映画に出ていたけど、名前忘れちゃった。


ワタシの見てきたシネコンでは、ほぼ7割くらいの人が、エンドロールが終わる前に席を立っていました。
こういう時って、まだ影像残ってるのよーって教えてあげたい気分になりますねぇ。
まぁどうでもいいけど。
スポンサーサイト


MOVIE | 04:47:00 | Trackback(4) | Comments(2)
□ コメント
こんばんは!
はじめておじゃまさせていただきました!Carolitaと申します。 キアヌお好きなのですね。私も見ましたよ~、ラーメン屋でゴキゲンにギターを弾く彼を。憂いヤツめ・・・と思いました♪
「コンスタンティン」はまだ観ていませんが、宗教や歴史ものは大いに興味があるので、観に行きたいと思ってます。
スクロールを観た限りでは、かなり「マトリックス」入ってますよね・・・。映像も見ごたえありそうですか? エンドロールまでが映画。同感です。
2005-05-16 月 21:13:07 | URL | Carolita #- [ 編集]
ども!
Carolita さま
コメントありがとうございます(・∀・)
うは、ラーメン屋であのきちゃない兄ちゃん・・・もとい、キアヌ見たんですか。フツーにいて笑えますよねぇ。
「コンスタンティン」、宗教歴史等に興味があるのならばお勧めです。
影像も迫力あって綺麗ですよ。
2005-05-20 金 00:00:55 | URL | きりかぜ #zddsmPew [ 編集]
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コンスタンティン ★★★
コンスタンティンやあ!僕、コンスタンティン!ジョン・コンスタンティン!タバコの吸い過ぎで肺ガンなんだ!末期だよ。死ぬのはちょっとブルー。職業はエクソシストやってる。日々、世界を守るために戦ってるんだ。... 2005-05-18 Wed 16:38:08 | 切腹!
コンスタンティン(2回目の鑑賞)
いやぁー、これはかなり面白いこの世界観なんともいえないですね。キアヌリーブスの登場から何かもう楽しくて楽しくてただこの作品も評価は分かれてますね。ダメな人はダメなのでしょう。僕は前回の鑑賞以上に楽しめました。DVDが出たら絶対買っちゃうな。最近マトリックス、 2005-06-02 Thu 01:18:48 | ★☆★ Cinema Diary ★☆★
コンスタンティン 今年の178本目
コンスタンティン エクソシストだったのね。 西洋版陰陽師。 それに、アメコミ。あたしは、こういうの大好きだから、素直に楽しめました。が、、、やはり、文化、宗教の違いですね。天使、悪魔、天国、地獄、このあたりが、よくわかりません。天使、悪魔.... 2005-09-04 Sun 04:35:46 | 猫姫じゃ
コンスタンティン
『コンスタンティン』 2005年アメリカ(121分)監督:フランシス・ローレンス 出演:キアヌ・リーヴス   レイチェル・ワイズ   シア・ラブーフ   ジャイモン・フンスー   マックス・ベイカー ★ストーリー★かつて2分間だけ... 2006-01-08 Sun 20:13:48 | WILD ROAD
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04月 « 2017/05 » 06月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。