スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『Inglorious Bastards』
Inglourious_Basterds_poster.jpg

1944年6月、ドイツ占領下のフランス。映画館主のミミューはドイツ軍の英雄フレデリックに言い寄られ、挙げ句にナチスのプロパガンダ映画をプレミア上映させられることになった。その事実をつかんだイギリス軍はナチス諸共映画館を爆破すべくアルド中尉率いる“イングロリアス・バスターズ”を動員し、スパイのブリジッドと接触を図らせる。一方ナチスでは“ユダヤ・ハンター”の異名をとるランダ大佐が動き出し…。

「イングロリアス・バスターズ」とは名誉無き野郎共(だったっけ?)という意味だそーだ。
何か知らんが、ユダヤ系米国人で構成される連中でしたが……。何でアメリカ人? まぁアメリカ映画だからね…ナチスを憎み、ナチス狩りを使命とするらしいよ。

月1ゴローで吾郎さんが「歴史を無視した歴史映画」って云っていたけど、云いえて妙です。ってか、完璧な娯楽映画ですね。
まぁつまらなくはないけど、記憶に残り辛い映画かも……。ただワタシは結構好きな部類の作品だった。っつーか、かなり好きかも。タラ作品で『パルプ・フィクション』以来の大ヒットになったそうだよ。ユダヤ人が沢山観に行ったのかな。『南京!南京!』だったっけ。あれを中国人が観に行くのと同じ感性……と書くとユダヤ人が怒るかも。
どうでもいいが『キル・ビル』とか今イチだったのかなぁ? あれはあれで好きなんだが。
どうやらワタシは、タランティーノ作品が好きらしい…と云うことを認識した作品かも。

0000000.jpg


観る前からこの女の人のこの映像がやけに印象に残っていたんだけど、赤と黒ってやっぱり相性のいい組み合わせだよね。カッコいい。インパクト大。でもこのシーンはヘビィだったよね。ナチスへの復讐に燃えるショシャーナ。綺麗な人です。
ってか、連合国スパイの女優役の人といい、この作品に出ていた女優さんは綺麗な人ばっかで眼の保養。
ショシャーナに恋するナチの英雄ダニエルも、ただの純朴青年じゃなくて、うへぇ…っぷり炸裂で面白かったよー。

01300.jpgで、この映画の主役のブラッド・ピットは、主役だけど、結構脇に回ったような役回りだったような。ブラピはちょっと頭のイカれたアメ公が似合うねぇ。あの訳の判らんイタリア語には爆笑ですよ。

で、この作品で注目を浴びまくったナチスの大佐。すごく印象に残るよ。注目されたのが判る演技っぷりでした。
ただ恫喝とかするんじゃなくて、にこやかに、じんわりと相手を追い詰める、すっげー心理的に怖い人。頭のいいSS。
だから最後のアレがヲチなんですなぁ。


inglourious-basterds_fifth_mainbg.jpg


いろいろユーモアもあって、話も面白くて、センスの良い作品でした。ジャケもカッコいいよぅ。
そんでもってナレーターがサミュエル・L・ジャクソン。うーむ、どこにでもいるサミュエル・L・ジャクソン。
さすがだ。


スポンサーサイト
MOVIE | 23:37:23 | Trackback(0) | Comments(0)
『2012』
2012_Poster.jpg

2009年。太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、3年後に世界は終わりを迎える―。この驚愕の事実をいち早く察知した地質学者エイドリアンは、すぐに米大統領 主席補佐官に報告。やがて世界各国の首脳と一握りの富裕層にのみ事実が知らされ、人類を存続させる一大プロジェクトが極秘に開始される。そして2012年。売れない作家のジャクソンは、子供たちとキャンプにやってきたイエローストーン国立公園で、政府の奇妙な動きを目撃。世界に滅亡が迫っていることを、偶然知ってしまう…。

いわゆる災害モノに当たるのかな? それとも滅亡モノとでも云うべきか……。
『インデペンデンス・デイ』や『デイ・アフター・トゥモロー』と同じローランド・エメリッヒ監督作品ってことなので、まぁありがちとも云えるストーリー。
かなり前から予告編が流れていたから、超大作なのね~とは思っていたけど、まぁ何が大作かってーと、CGの凄さと金のかけ方なのかなぁ。。。と云うのが感想。
ポスターはかなりいいね。誰が主役かよと思わせるけど、この自然への警鐘っぽいところがいい。

001000.jpg



世界の終末の話だけど、観る前までは正直、結局災害は治まって人類もちょこちょこ生き残るって話だとばかり思っていたのに……。
船に乗れた人以外は死ぬって結末には正直笑った。
っつーかこれ、つまり運と金と権力が物を云うって話なんじゃあ……。
キャラクターは特にどうってことはない人物ばっかだったかな。憎まれっ子もステレオタイプだったし。金持ちロシア人もそのガキ達もありがち。でもサーシャ(笑)は良かった。名前が(え)萌え。
そんでもってアメリカ大統領がクリーンすぎます。
あの大統領は黒人だったから良かったかも。これで白人の大統領があの行動を取っても「うっそくせぇw」と思ってしまうからね。
何が云いたいかと云うと、ぶっちゃけ、ストーリーは二の次。っつーか、話としては駄作。
観るものは映像。何を置いても映像。
そう考えると、絶対にスクリーンで観るべき映画ですね。大スクリーンの迫力あってこその映画。
今時、いくらTVの画面がデカくなっているとは云え、映画館のスクリーンと比べるべくもないし、音響とかも考えるとやっぱり映画館で観るべきですな。
ただ話はクソだから、サービスディに行くべきだな、うん。



MOVIE | 23:34:24 | Trackback(0) | Comments(0)
『Wire in the blood』
51P4ZNGX0VL__SS500_.jpg


女性警部補キャロルと心理分析官トニーが自らを危険にさらしながら狂った犯人を追い詰める!酷い拷問の後死体を綺麗に洗う連続殺人犯は常に30歳前後の白人男性を餌食にしていた・・・。

ヨーロッパ各国で放送禁止にされたと云ううたい文句に惹かれて借りました。
映画じゃなくてTVドラマの1話目だったらしい。ふーん。
ロブソン・グリーンって誰? みたいな感じで観たけど、放送禁止というほどのものか? と問われても、そうかなぁ? と答えるであろう、その程度の作品。
まぁ人それぞれかもしれないけどさ。

とは云っても、ドラマとして観ると、結構良いできなのではないでしょうか。2時間ドラマ? として捉えると、よくここまで凝って作ったよねぇと正直思います。あっちのTVだと、どの程度まで制約があるのか判らないけど、局部切っちゃうとかやるのは、女にしてみれば笑えていいかも。犯人のキモさもOK。
続きがあるんだよね、これ。ドラマだもんね。続き観るのもいいかも。

DVD | 22:40:29 | Trackback(0) | Comments(0)
『Passengers』
passengers_galleryposter.jpg


セラピストのクレアは、飛行機事故で奇跡的に生き残った5人の乗客の、トラウマ的なストレスを治療する役割を突然命じられる。彼女は生存者たちの記憶から浮かび上がる数々の謎を解き明かそうとする。だが、患者たちは自分たちの記憶と航空会社の公式説明の食い違いに悩み、自分たちの記憶も曖昧になってくる。やがて、事故の核心に近づくたびに患者たちが次々と失踪しはじめ、彼女の周辺でも不可解なことが続発し始める。


久々に「やっちまったぜー」な映画を観てしまった気がする……。
い、いや、作っている人達は大真面目だったんだろうけど。
DVDで観て正解だったぜ……。

001_20091115222625.jpg例えれば『シックスセンス』の劣化版?
いやいや、ちょっと違うか……でも似たような感じと云うか。
途中から超常現象とか入ってきて妙な具合になってきたので、お、おや? もしかしてこのヲチは…と思ったら案の定だった。
っつーか、きっと恐らく、誰もがヲチに途中で気づいてしまう、そんな悲しい作品。
それとも、そういうのも狙って作ったんだろうか……だとしたらアッパレ(意味不明)


生存者達が消えていく理由が、正直笑った。
つまりクレアが一番往生際が悪かったと云うことですよね。
飛行機の中で知り合った男と逝っちゃうって、それまでどんな浅い人生過ごしていたんだー! と思ったわ。
そんでもって、クレアの叔母さん怖すぎました。


DVD | 22:32:17 | Trackback(0) | Comments(0)
『My Sister's Keeper』
mysisterskeeper.jpg


11歳の少女アナは、白血病の姉に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によってこの世に生まれた。母サラは愛する家族のためなら当然と信じ、アナはこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきた。そんなある日、「もうケイトのために手術を受けるのは嫌。私の体は、自分で守りたい」と、アナは突然、両親を相手に訴訟を起こす。しかし、その決断にはある隠された理由があった…。

かなーり前に、近所のMOVIXさまのご好意により、タダ観させていただいた作品……(←要するに試写会)。
いやいや、家から車で5分のMOVIXだったので、本当にありがたかったでござるよ、ニンニン。

mysisterskeeper-mv-3.jpgこれは切ない話でしたなー。ヲチ?が、うぅぅん…みたいな。
親としては辛いよねー。でも子供としても辛い。
白血病なケイトの役の子がすンげぇと思いました。

そんでもって現実だと独身のキャメロン・ディアスが、いい意味でヒステリックな母親を熱演でした。
ああ、やっぱ母親と父親じゃ温度差あるよなーってのがよく判った。どっちがいいとか悪いとかじゃないけど、腹を痛めて産んだ母親のほうが想いが強いのは当然なのかも。
ただ、あの扱いじゃあアナは可哀想だよね。ケイトの想いを差し引いても、アナはお気の毒。

そんでもって、久々に?観るジェイソン・パトリックは相変わらず胸毛むしゃむしゃな男でした…。


MOVIE | 22:24:55 | Trackback(0) | Comments(0)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
10月 « 2009/11 » 12月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。