スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『MW-ムウ-』
mw500.jpg

16年前、ある島の島民全員が死亡する事件が発生。その事実は、政府の手で一夜のうちに闇に葬られ、事件は忘れ去られるはずだった。だが、惨劇のすべてを目撃していた2人の少年が、神の悪戯で生き残っていたのだ…。そして現在。地獄を見た少年の1人・賀来(がらい)は、神の道に救いを求め、教会の神父に。そしてもう1人の結城は、自分の壮大な計画を遂行するためなら、人殺しもいとわない美しきモンスターになっていた。事件を隠蔽した関係者に近づき、次々と地獄へ突き落としていく結城。果たして彼の本当の目的とは…!?

風間トオルが無茶苦茶どうでもいい役で出ていた。ほんのチョイ役。
ってことはともかくとして。
mw_sbsb1_large.jpg内容の過激さと無茶苦茶さ? に、映画化は無理と云われていた手塚作品の映画化なんだそうで。
原作ファンからは今イチな評判だそうですが、ワタシは原作見てないから、原作との対比なんてどうでもいいです。
ぶっちゃけ、ものすごく荒唐無稽な話。
何が荒唐無稽って、MWの存在云々とか、島民虐殺展開とかじゃない。
タマキンがおやりになった、結城と云うキャラクターが思い切り荒唐無稽。
特に訓練を受けた訳でもないだろうに、CIAやKGBも真っ青の特殊部隊っぷり。あんな人間が本当にいたら、人類はあっと云う間に虐殺されます。
ヤツはモンスターの一言で片付けていいんですか、石橋さん(笑)
しかしこの手の刑事役って、ホントに石橋さんの独壇場だなぁ。

mw_ma_large.jpgとは云っても、ワタシはあの荒唐無稽が嫌いじゃない。いや、むしろ好きだ。
タマキンのあの痩せすぎてガリガリな体型とか、意外に馬面だよねとか、MW吸って寿命短いとか、発作がすぐに起きることが判っているくせに、力仕事は全部結城にやらせちゃう賀来ってどうよ? とか。
っつーか、一応W主演な割に、賀来のキャラが立っていませんでしたね。
圧倒的にタマキン主役。飛行機爆破されたけど、絶対にタマキン死んでねぇよなぁと思ったし。
これはきっと、無敵すぎるダークヒーローの結城の話なんですよ。うん。
続きが見たい気がしないでもない。


タマキンと云えば、1,2年前(大雑把やな)、栄でヤツを見ましたよ。多分、里帰りしていたんだよねーとか思ったり。


スポンサーサイト
MOVIE | 00:15:47 | Trackback(0) | Comments(0)
『Mirrors』
mirrors_galleryposter.jpg

同僚を射殺して以来酒に溺れ、家族とも別居していた元刑事のベン。彼は人生たて直しの第一歩として夜警の仕事に就いた。巡回するのは火災で廃墟となったデパートだ。異様な雰囲気を持つその内部には、傷ひとつない巨大な鏡があった。引き寄せられるようにベンがそれに近づいた時、突然全身を激痛に襲われる。痛みの中で鏡を見ると、そこには焼けただれた女性の姿があった。この夜以降、ベンの周囲で奇怪な出来事が続発し……。

笑っちゃうくらい、ポスターにインパクトありますがな。
いやぁ、ホラー大好きですよ。
なので本当は上映中に観に行きたかったんですが、都合でいけなかったんですな。
なのでDVD化して、早速借りましたわ。

mirrors2.jpg
役者的には、キーファー・サザーランドが売りなのかしらん。っつーか、ジャック・バウアー以外、知らん俳優のが多いだろ。
まぁホラーだからね…。

どうもこれ、韓国映画のリメイク? らしい。元となった作品をちょっと観たい気もする。
ぶっちゃけ、ホラーにありがちな、最初のドキドキ感と掴みはOKだけど、ヲチは超失速……と云うストーリー。
なんだ…そんな理由かよ(;´Д`)と云う話がホラー作品には多いんだけど、これもそのまんまとしか云いようがない残念な作り(笑)
もう少し捻りがあっても良かったと思うんだけどなー。
だって鏡の正体がそんなんですか、みたいな。
最後のヲチは、あららと思ったりしたけど。
もう少しベタに、鏡に写った姿が「ニヤッ」くらいな程度かと思っていたからさ。
まぁワタシみたいにホラー好きな人と、どきどきキャンプの人なら観てもいいんじゃないかと。そうでない人は、無理して観なくてもいいんじゃね? 的作品でしたな。


DVD | 00:22:59 | Trackback(0) | Comments(0)
『The Day the Earth Stood Still』
thedaytheearthstoodstill_galleryposter.jpg

任務遂行のため、ロボットの“ゴート”を従えて地球に降り立った人間型異星人“クラトゥ”。政府や科学者たちが謎の解明に奔走する中、ある女性と義理の息子は、クラトゥの任務に巻き込まれていく。そして二人は“地球史上最大の危機”が、今まさに訪れていることに気付く…。


邦題『地球が制止する日』。キアヌが主演だと云う以外、特に特筆することのない作品とまで云われていましたが。
まぁ上映中も評判は悪かったですよね。だから映画館に行かず、DVDになるまで待っていたんですが……。


ヤバい、本当につまらん(;´Д`)


キアヌ、好きだけど、これはNGだよ、キアヌ。

00100.jpg

CGっちゅーか、SFXはすごいねって感じでしたが、ストーリーはなんじゃらホイみたいなさ。
っつーか、展開が遅くて、途中でうとうとしちゃったよ。つまらないし。
あと、あの子役、ムカついた。聞き分けの悪い可愛くない子って、本当に好かん。
ああ、ウィル・スミスの息子だっけか…。

あと、キアヌな宇宙人が、人類を滅ぼすことを辞める理由が今イチ弱い。
あんな簡単に考え変えちゃっていいの? みたいな。
ああ、つまんなかった。

DVD | 23:12:49 | Trackback(0) | Comments(0)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
06月 « 2009/07 » 08月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。