スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『WANTED』
wanted_nyccgalleryposter.jpg

上司にはイビられ、恋人は寝取られと、散々な日々を送るウェスリーに突然の転機が訪れる。謎の美女フォックスと彼女が所属する暗殺組織に、暗殺者としてスカウトされたのだ。会社を辞め訓練を重ねたウェスリーは、その身体に秘められた才能も手伝って、一流の暗殺者として頭角を現す。そして彼は父を殺した敵であり組織の裏切り者でもある、クロスの暗殺任務に就くが……。


主役は(多分)ジェームズ・マガヴォイのほうだけど、どう見てもアンジーが主役扱いされているような気がしてならない本作。
上映中に観たかったんだけど、観る暇がなくて、DVD化でようやく観られました。当然レンタルですが。

015_20090329214332.jpg


まぁナンちゅーか、案の定と云うか、ワタシはあっさりと引っかかったクチでございます。
あのどんでん返しに「え?」と思ったのはワタシだけではないはずだッ。
殺し合いをしていたはずの相手が、実はそうじゃなかったって、なんともはや・・・っちゅーか、有り触れた手法ではあるんですけど、まんまと引っかかるワタシのような良い客がいるからこそ、物語と云うものは成り立つんですねぇ、はい。


クロスがウェスリーに「おまえは私の息子だ」と云うところは、どっかで観たことあるような、ないような・・・みたいなね。
そうか、ダース・ベイダーだ! と思った次第でありますが、あれは「I'm Your father」だったっけ。
まぁナンでもいいけどね。


しかしかかし、モーガンのようなオッサンに真面目な顔で語られると、そりゃ誰だって騙されちゃうよね・・・みたいな。
アンジーは相変わらず迫力がありました。
話は無茶苦茶なんだけど、これは原作がアメコミと云うことで、納得っちゅうかナンちゅーか本ちゅーか。結構、面白かったよ! と云う結論であります。
監督は『ナイト・ウォッチ』なロシア人監督だったそうな。おお、日本ではちょっと上映されただけでスルーされてしまった『ナイト・ウォッチ』! あっきーが密かに大好きな『ナイト・ウォッチ』の監督ですか!
そう云えばこのシリーズも、親と息子が戦う話ですな。『デイ・ウォッチ』と一緒に、もう1回借りよう『ナイト・ウォッチ』。
そんでもって『トワイライト・ウォッチ』まで出たら、きっと三部作セットのDVDが発売されるだろうから(願望)買うぞ!


うーん、結局ナンの感想になったのか判らん・・・。

スポンサーサイト
DVD | 21:49:54 | Trackback(0) | Comments(0)
『Changeling』
changeling_galleryposter.jpg

1928年。ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。そして5ヶ月後、息子が発見されたとの報せを聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。だが、彼女の前に現れたのは、最愛のウォルターではなく、彼によく似た見知らぬ少年だった。


「ケンカは売るな。最後にケリをつけろ。」

イーストウッドの話題作を見てきました。
イーストウッドの作品ってハズレなしだよなぁ・・・と思わされた2時間22分。

angelina_jolie1.jpgしかしこれ、怖い話でしたな。
何が怖いって、実話ってのが一番怖い。
殺人犯のやったことも怖いが、何より怖かったのが警察の対応でしょう。
いくらなんでも、あのデッチあげは無理があるだろう・・・ってことを普通にやっちゃって、おまけに反論されると、母親のほうを精神障害者にしてしまう異様さ。7センチも身長が違うことに対しても、医療的にありうるとか云っちゃうしー。ねぇよ。
これが20世紀の警察のやったことってんだから、ありえないっちゅうのと云う感じです。不快を通り越して恐怖。
まぁ20世紀っても戦争の前の時代でしたけど。
しかし、こんなブルーな話なのに、ラストは僅かな希望を残して終わっていくのがすごいですな。

changeling.jpgそんでもってアンジーの母親役は素晴らしかったです。
取り合えず、あの時代の洋装がとっても似合う女優さんですね。個性的美人と云うか・・・アップになると、実年齢以上に老けて見えましたが(ほうれい線とかすごいの)、あれはワザとなのか、それとも元々の彼女の顔立ちなのかよく判りませんでした。

しかしあの母の強さはアンジーならではかも。
残酷なストーリーだけど、母の愛の強さは恐怖を凌駕します。見る価値あります。
残酷ですがいい作品でした。



MOVIE | 23:52:31 | Trackback(0) | Comments(0)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
02月 « 2009/03 » 04月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。