スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『魍魎の匣』
2ae1922b5c81dba4a610365f8cb89809.jpg

それは、決して開けてはいけない匣(はこ)

戦後間もなくの東京。元・女優、陽子の娘が行方不明になり、探偵・榎木津が捜査を担当していた。一方、作家・関口と記者・敦子は、不幸を匣(はこ)に封じ込める謎の教団の陰謀を掴むべく調査していた。更に巨大なはこ型の建物の謎を追う刑事・木場。全ての事件は、複雑に絡まり、一つに繋がっていた。それぞれの謎を解くため、彼らは古書店・京極堂の店主、中禅寺のもとに集まった。


001_20090224164129.jpg1作目の『姑獲夏の夏』を映画館で観て「う~ん」な出来だったから、これは映画館では観なかったのですが、先日、何となく思いついてレンタルしてみた代物。
結果、やっぱり「う~ん」な代物だったと云うか、何と云うか・・・・・・。
個人的には「だから?」みたいな感じもあるのですが、どうやら『姑獲夏の夏』とは監督さんが代わったそうです。だからなのかな? 前作より若干明るい感じになっていたような気がしないでもない。バラバラ殺人の話のはずなのになー。
まぁ原作でも微妙にコミカルなところがあるから、それはいいのか?

っちゅうかこれ、原作読んでない人は、何が何だかさっぱり判らないでしょ? と云う作りになっていたのは『姑獲夏の夏』と同じですね。所詮、あの分厚い京極夏彦の小説を、2時間だか3時間で収めようとすることに無理があるのでしょうか。ストーリーが原作と中途半端に変わっていたのはそのせいなんでしょうか。原作ファンにはお勧めできない代物であることは確かですね。
しかし原作読んでいない人には何が何だか判らなくて、原作ファンにはお勧めできなかったら、誰にお勧めできるんだろう・・・・・・役者のファン?

005_20090224164125.jpg役者と云えば、関君が永瀬正敏から椎名桔平に代わったのには、何か意味があるのだろうか。
椎名桔平って個人的には結構好きな役者なんですけど、何かねぇ・・・・・・関口君の役をやるにはエキセントリックすぎて(映画ではそういうキャラクター設定だったのでしょうけれども)、おまけに微妙にスタイリッシュなものだからスッキリしすぎていたんですな。鬱病の“う”の字も見えそうにない。見た目はむしろ増岡。
関口くんはもっと猿っぽくなくちゃダメですよ。
おまけに榎木津が・・・・・・なんだ、この作品の榎さんは。活躍しすぎだろ!
捜査しない探偵のはずの榎木津礼二郎なのに、思い切り捜査しているじゃん。榎さんに捜査させてどうする。
まぁいいけどね・・・・・・阿部ちゃん自身が、原作とはかけ離れた容貌ですし。別物と思うしかなかろう。


これまでに賛同者がいたことはありませんが、あっきー的な印象としては、京極道=豊川悦司、榎木津=福山雅治、関口=三上博なんですけど。え、どうでもいい。そうですか・・・・・・。



スポンサーサイト
DVD | 16:56:38 | Trackback(0) | Comments(0)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
12月 « 2009/02 » 03月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。