スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『The Other Boleyn Girl』
theotherboleyngirl_galleryposter.jpg
最初に愛されたのは妹メアリー、でも王妃になったのはアンだった。世界を変えた美しくも哀しい愛の物語

16世紀、イングランド。20年にわたる夫婦生活で王女メアリーしかもうける事が出来なかったヘンリー8世はの目下の関心事は、立派な男子の世継ぎをあげる事。一族の富と権力を高めるため、新興貴族のトーマス・ブーリンは自慢の娘アンを差し出す。しかし、王が目をとめたのは清純で心優しい妹のメアリー。姉より先に結婚したばかりのメアリーは夫と共に、王の愛人となるべく宮廷にあがる。アンは姉でありながら、結婚も王の愛人という立場も妹に奪われてしまったのだ。一族の発展のための企みが、次第にアンとメアリーの絆を、王の愛を巡る非情な対立へと変えていく…。

natalie_portman9.jpgヘンリー8世、こいつが元凶。

ちゅうことで。

以上。
じゃなくて。

アン・ブーリンって、世界史専攻した人なら記憶にある人物じゃないでしょうか。所謂エリザベス1世のお母さんな訳ね。そのアンと、妹のメアリーのお話である本作。
アンはイギリスだと割と評判? いいのよね。イングランド(イギリス)がプロテスタントに向かった下りとか、イギリスを世界の強国へと導く絶対君主の女王となるエリザベス1世を産んだ人なので、今のイギリスの礎を築いた人って感じで密かに尊敬されていると訊いたことがあります。
つまりナタリー・ポートマンがケイト・ブランシェットを産む話だと思えば良い訳ですね(違)


ナタリー・ポートマンがアンを演じた訳ですが、正直普通にメアリーよりアンのが美人じゃんと思ったのはワタシだけじゃないはずだ。両親が黒髪(ブルネット)なのにメアリーがパツキンってどうよ!? と云う突っ込みはともかく、ワタシが男だったら最初からアンに行ってるぜ!(それはナタリーがワタシの好みの美女と云うだけの話・・・か?)
っちゅうか、スカーレット・ヨハンソンって、あんなロバ面と云うか、老け顔っちゅうか・・・・・・(汗) 何かあまり美人に見えなくて戸惑ったくらいだ。ユアン・マクレガーと共演したクローン人間がなんちゃらとか云う近未来のヤツ(タイトル忘れた)だと、すっげぇ美人に見えたんだけどなぁ。


それはさておき。
あの頃の王様って、すンげぇ権力があったのね。あっさり王妃を死刑にする(枢機卿が判決を下したとは云え)のが、もう情け容赦ないっちゅうか。まぁ考えてみると、一番可哀想だったのは、ジョージだった気がしないでもありませんが、諸悪の根元はヘンリー8世の股間の緩さだろうに。
あいつこそブッ殺せ。



スポンサーサイト
MOVIE | 01:05:13 | Trackback(2) | Comments(0)
『Get Smart』
getsmart_galleryfinal.jpg

極秘諜報機関「コントロール」で情報分析官を務めているスマートの夢は、エージェントとなって活躍する事。ある日「コントロール」本部が犯罪組織「カオス」に襲われ、すべてのエージェントの身元が知られてしまう。そのため、顔が知られていないスマートはエージェントに昇格。整形した美人エージェント99と組んで、カオスの陰謀を暴く使命を受ける。張り切るスマートだが、失敗の連続。しかしついに敵ボスの居場所を突き止める。

典型的なお莫迦映画。まぁ気楽に見られて面白いかったです(しかも試写会だったし・・・)。
このお話、60年代にアメリカで人気があったTVスパイシリーズの映画化だそうです。日本でもやっていたらしい・・・・・・ま、生まれる前のことは判らんよ。
ポスターには2種類あって、スマートのネクタイが99を邪魔しているパターンと、99の髪がスマートの顔にかぶっているパターンがあるんだけど、日本だとスマートが邪魔されているパターンのほうが使われていた気がします。
masi_oka20.jpg話はベタ。ベタベタ。スパイ物だけど特に謎なんてナッシング。
誰が本当に裏切っているのかも、すぐにピンと来る展開でしたしね。しかしいくらスパイといえども、飛行機の上からあんなダイブするのは怖い・・・怖すぎる。
あとモアイ像の人がとてもいいキャラでした。
ま、深く考えずにかる~い感じで見る作品でしたな。気楽な夜のお供にピッタリ。


日本だとあまり知名度のない俳優さんが多かったかな・・・ザ・ロック(改名したんだっけ?)が23と云うコードネームのスパイで出ていたわ~と云うくらいでしょうか。
あとマシ・オカさんも、知っている人は知っているかな? Yatta!! の人ですね。ワタシにとってYatta! と云うとはっぱ隊ですが。


MOVIE | 21:09:16 | Trackback(0) | Comments(0)
『Indiana Jones - The Complete Adventure Collection』
04.jpg
1957年.相棒マックに裏切られ、スパルコ率いるソ連工作員の魔手から危うく逃れたインディ。大学も強制休職となり街を出ようとしていた彼に、マットという若者が声をかけてきた。いわく「伝説の古代秘法“クリスタル・スカル”を手に入れられる」という。その言葉を信じ、インディはマットと共にペルーへと向かう。そこでようやくクリスタル・スカルを手に入れるものの、待ち構えていたスパルコたちに捕らえられてしまい……。


igor_jijikine6.jpgこれも機内映画。
インディ・ジョーンズ4作目だそうですが、このシリーズを観たのは初めてです。それまでの3本、観たことがない・・・・・・散々TVでやっているのに。

これって、そのたびごとに敵がいるのかな? 今回はソ連工作員のスパルコさん。超能力と云うか、超常現象を研究している人っぽいです。
っつーか、ソ連って真面目にESPの研究とかしていたんだよね。正直笑っちゃうところですが、当時はアメリカも真面目に研究していた分野だったので、映画の内容としては間違っている訳じゃないんです。インディって考古学者なんだから当然なんだけど、世界中の遺跡行きまくりで面白そうね。羨ましいね。
ってことはともかく。スパルコさんはカメレオン女優・ケイト・ブランシェット。すげぇ美人って訳じゃないんですが、惹き付けられるものがある理知的な雰囲気のオネエサンですな。
彼女のイッちゃっている演技が怖かったよ、ママン。




MOVIE | 19:53:01 | Trackback(0) | Comments(0)
『Nim s Island』
nimsisland_galleryposter.jpg

アレクサンドラは、大人気の冒険小説家。なのに、対人恐怖症で引きこもり。そんな彼女が書くヒーローは、空想で作った理想の男性像だった。新しい小説のネタを探していると、孤島で暮らす海洋学者の記事が目にとまった。彼に協力を求めるつもりでいたが、ある日、南の島の少女・ニムから、物語のヒーロー宛にSOSのメールを受け取る。ニムを救うため、アレクサンドラは初めて家の外へ出て、南太平洋へと旅立つが…。



邦題『幸せの1ページ』。まぁ『ニムの島』なんて云うミも蓋もないタイトルよりは10倍はいいですな。
しかし似たようなタイトルの作品も転がっていそうな気がしないでもない。
abigail_breslin1.jpg特に観たい映画って訳でもなかったんですが、機内で観られたので観ました(え) ジョディ・フォスターは好きなので。
しかしジョディらしくない作品でもありますな。新地を開拓したいのかな?

何ちゅーか、ニムは学校行かなくていいのか? 義務教育中だろうが。まぁ日本とは制度が違うからニントモカントモだろうけど、別にボンビーでも学のない家のコでもないのに、親が学校行かせずに放置するとは思えんのだが。
ま、映画だからね、ってことで。


あー、まぁものすごいどんでん返しがあるでもなく、こんなもんよねーと思える作品でした。
ジョディ・フォスターはコメディも似合う。



MOVIE | 19:43:26 | Trackback(0) | Comments(0)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09月 « 2008/10 » 11月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。