スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『The Departed』
thedeparted_bigearlyposter.jpg



貧困と犯罪が渦巻く、ボストン南部で生まれ育った2人の男。犯罪者一族に生まれ、自らの生い立ちと訣別するために警察官を志すビリー。マフィアのボス・コステロに育てられ、忠実な“内通者”となるために警察官を目指すコリン。2人は互いの存在を知らぬまま同じ警察学校で学び、それぞれ優秀な成績で卒業。コリンはマフィア撲滅の最前線に立つ。一方、ビリーに命じられたのは、マフィアへの極秘潜入捜査だった…。



単純なアクション映画じゃなかったのが意外。
ブラピ様が権利をお買い求めになられた香港映画『インファナルアフェア』のリメイク作品ですが、オリジナルにかなり忠実でしたね。主役の2人のキャラ設定はちょっと違っていたかな。
いや潜入捜査官役のディカプリオのほうはそうでもなかったが、警察に潜り込むマフィアの人間であるマット・デイモンのキャラ設定が、アンディ・ラウが演じたオリジナルよりかなり厭な人物に描かれていた気がします。


dep.jpg



警察とマフィアが互いに「ねずみ」探しをする心理戦は見応え充分。とは云っても、オリジナルが秀作なのでリメイクは追随しただけなのかもしれないけど。
ただマフィアのボスのジャック・ニコルソンは、はっきり云ってハマりすぎていた。すごい、似合う。残虐性とイカれ具合がオリジナルを雄に超えていましたよ。

thedeparted1.jpg


彼の存在だけで流血場面が迫力あるものになっていました。


ディカプリオ演じる潜入捜査官の正体を知っているのは、州警察の中間管理職っぽい2人組。
ってか、オリジナルだと課長さん1人だったんだけど、なんでリメイクは2人にしたんだろう(いや、普通に考えるといろいろな意味で危険だから、1人だけってことはないと思うんだけどね)と思っていたら、ラストのあれのためだったんですね。
しかし人のいい課長さんが屋上から突き落とされる場面は、やっぱり胸を突かれました(´・ω・`)
そして久々に見た気がする(猿の惑星以来?)サル顔の代名詞マーク・ウォルバーグ・・・・・・(汗)


mark_wahlberg6.jpg



ジョジ・クル兄貴の元舎弟(過去形?)がこんなところに・・・しかも雰囲気変わってまんなぁ・・・と思っていたら、今回の役でオスカーにノミネートされたんだとか。良かったね。


しかし女医役のヒロインは微妙・・・・・・。
なんでもっと美人な子を使わなかったんだ、スコセッシ。


スポンサーサイト
MOVIE | 01:03:04 | Trackback(0) | Comments(0)
『Death Note―the Last name―』
death2.jpg

死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月だった。刑事局長を父に持ち、強い正義感に貫かれた月は、ノートを使って凶悪犯を粛清し、自らの手で理想の世界を創りあげようと決意する。人々の間でささやかれ始めた救世主「キラ」の存在。一方、一連の「キラ事件」を解明するためにICPO(インターポール)が送りこんできたもうひとりの天才、通称L。神がかり的な推理力でキラの正体に迫ろうとするLに対し、知略を尽くして捜査網から逃れようとする月。そして、2冊目のノートが舞い降りる…。




「新世界の神になる」


などと、成人になってもンな寝ぼけたことを云うヤヴァイ思想の持ち主が人を殺しまくる映画の後編。
これ、いつ見たんだったっけ・・・2ヶ月くらい前のような(汗)


原作とは違うラストと云うことで・・・・・・正直云って、映画版のラストのほうがいい! よくやった、と云う人が多いようですね。Lと月の心理戦は原作のほうが上手く描けていたと思うのですが。
原作のライトの死に方があまりにも惨めだったからでしょうか。
それともそれ以前に、Lとの勝負に負けたと云う展開が指示されたのかな。しかもLの死に方もナカナカのものだったし・・・。
まぁどちらにしてもメロとニアはいらんかったと云うことでしょう(え)
あと清美のヤラれっぷりも良かったです。原作のように脱いでくれたら、ヤロウ共がもっと喜んだでしょうけど。

deathl1.jpg



そんなこんなで、やっぱり原作の終わり方に納得いかなかった月派のワタシでも、いいですよと頷ける終わり方でした
(ただ、パパンの名前を書いたことだけは納得がいかない。月は家族だけは一応大切にしていたのにさ)。

しかしやっぱりお、ワタシにとって藤原君は月のイメージじゃなかったなぁ。
L役の松山ケンイチの株が急上昇で、スピンオフの映画まで決定しちゃったんだとか・・・・・・善し悪しですね。
Lの演技云々と云うより、Lのコスプレが成功したって気がしないでもありません。


でもLになりきって甘いもの喰いまくったのはエラいと思った。


MOVIE | 00:58:50 | Trackback(0) | Comments(0)
『Snakes on a Plane』
snakesonaplane_bigreleaseposter.jpg



ハワイのオフロードをバイクで走っていたショーンは、偶然、大物ギャングのキムが検事を殺している現場を目撃してしまった。目撃者を消すため組織の魔の手が迫るが、ショーンはFBIエージェント・フリンの助けで危機を脱する。そしてショーンはフリンの護衛のもとロスへと向かい、キムの悪事を証言することに。2人は民間の航空機へと乗り込むが、それを察知したキムは、航空機に“暗殺者”――大量の毒ヘビを送り込むのだった。




いつ見たのか忘れちゃったくらい数ヶ月前の作品です、はい。
実際にあったら怖すぎる愉快なヘビさん映画・・・・・・。
並のホラーじゃ太刀打ちできない恐怖感ですよ。


snakesonaplane4.jpg


ヘビさん大活躍。

いいよいいよ。

ワタシ、こういう超B級路線の映画って大好きだ。
主演は超大物と云ってもいいでしょうサミュエル・L・ジャクソン。こういうB級映画に出ちゃう大物って余裕があっていいですね。


snakesonaplane1.jpg



もちろん突っ込みどころ満載なんだけど、この映画は細かいところを指摘する映画じゃないし、それが気になる人は見るもんじゃない。あとヘビ嫌いも駄目ですな。
まず第一に、飛行機の中にヘビを持ち込むこと自体がフツーは出来ないでしょうからな・・・・・・。
しかし息吐く間もない?(かどうかは人それぞれ)怒涛の展開には笑っちゃう。ある意味、スリル満点。
あと、ヘビにヤられちゃう人が見ていてすンごい。特にでっかいヘビに頭からパクッとされちゃう厭味ジジイが素晴らしい。
この作品はB級の醍醐味をよく判って作っている映画なのではなかろうかと。
最後の着陸の展開もありえなさ過ぎて面白い。
ワタシもプレステやっておこうかな。


MOVIE | 00:56:15 | Trackback(0) | Comments(0)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
12月 « 2007/01 » 02月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。