スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『LES CHEVALIERS DU CIEL』

イギリスの航空ショーに参加していたフランスの主力戦闘機ミラージュ2000がショーの最中に忽然と消息を絶つ。この非常事態に対応したのは、仏空軍のマルシェリ大尉とヴァロワ大尉。二人は旅客機の影でレーダーから逃れるミラージュを発見。たちまち三機のミラージュによる壮絶なドッグファイトが始まるが、油断したヴァロワが敵機の照準にロックオンされる。司令部から追撃中止命令が下る中、マルシェリはとっさの判断で敵機を撃墜。責任を問われた二人は軍籍を剥奪されてしまう。だが事件の裏には国家を揺るがす陰謀が潜んでいた。



邦題『ナイト・オブ・ザ・スカイ』

一言で云えば戦闘機パクリもの。
って、それだけだと実もフタもありませんな・・・・・・。


久々に見たフランス映画です。何て云うか、よくも悪くもフランス映画って感じでした。
フランス映画にありがちな、意味のないエロティックシーンもありましたし。


空戦シーンは迫力があり、空中戦はやけに美しい。視力の悪いワタシだが、眼が良かったらパイロットになっていたのに~と勝手に思ってしまう魅力がある。ワタシは結構航空ショーとかに行くクチなので、飛行機が優雅に飛んでいる姿と云うのは好きです。
ワタシはフランスの戦闘機と云うものをよく知りませんが、この作品の中心になった戦闘機「ミラージュ」と云うのは割とマニアックで、マニア向けなのだそうです。
戦闘機マニア(いるよね?)とか、空軍が好きな人にはとっても良い映像が満載だったんじゃないでしょうか。


ストーリーは話が軍隊モノ、戦闘機モノとしては、淡々と描かれていた気がします。ワタシが「フランス映画だよなぁ」と思うのはこういうところ。
起承転結の波が非常に穏やかで、見せ場が見せ場になっていない感がありました。
これがハリウッド映画だったら、もっと派手にドンパチやっていたんだろうなぁと思わせるくらい、本当に緩やかな流れだった気がするのです。
それがいいのか悪いのかは、個人の感性によると思いますが。



波の緩い映画の割にストーリーは非常に判りやすかったのですが、飛行機用語と云うか軍用語と云うか・・・お空の専門用語がさっぱり判らなかったので、細かいところで理解出来ない部分が多々あり。それでいて文字は沢山あったので、字幕を追うだけで精一杯な部分もありました。


戦闘機パクリものであり、そのパクッた戦闘機でアラブのどっかの一族が中心となってテロを起こすと云った話でした。
何だか知りませんが、やけにでっかいテロ組織で、国際テロと云ってもいいくらいの規模の組織です。フランス政府のSMSの中にその組織の内通者がいる割に、その他の政府の人は全くその組織の存在を認知していないと云う矛盾点もあって、なんじゃこりゃと云った感が。
そして終わり方も何だか曖昧。
キャスと彼女と同じ一族の人(同じ一族の割に、どう見ても種族が違うのはなぜ)のあの会話からするに、続編を匂わせて終わっていると見るべきなのでしょうが、肝心の「何でこいつらは戦闘機を盗んでテロ行為をしようとしたのか」と云う点がまるであかされずに終了。っつーか続編のために、ああいう終わり方にしたと見るべきでしょうか。


フランス映画だけあって、出て来る俳優はブノワ・マジメル以外はさっぱり判りませんでした。そのブノワに至っても『クリムゾン・リバー2』に出てきたから知っている程度です。にしてもマルシェリは何で美人で若い女(キャス)より、あんな年増(コスト)がいいのかぁ・・・なんて最初は思っちゃいました。若ければいいと云う日本の男の思考に毒されています。
マルシェリの相棒のヴァロワは、軍モノに1人は必ずいそうな典型的なタイプだったよーな(曖昧だな)。
にしてもフランスの話のせいか、女性パイロットのあのシーンは何だかなァ・・・みたいな。ああいうシーンは同じ軍部モノでもハリウッド映画ではあまり見ない気がします。やっぱりフランス映画のせい?
ま、フランス人はどう思っているかは知りませんが、客観的に見れば下品ですな。
そんでもってi Podさんはかなりお気の毒だったような。

スポンサーサイト
MOVIE | 00:58:38 | Trackback(1) | Comments(0)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
01月 « 2006/02 » 03月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。