スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『Flightplan』

夫の突然の事故死に見舞われた航空機設計士のカイルは、6歳になる娘のジュリアを連れて、ベルリンから故郷のニューヨークへ向かう飛行機に乗り込んだ。夫の棺を乗せて飛び立つハイテク重層ジャンボジェット、E-474。それは皮肉にもカイルの設計した最新鋭の航空機だった。機内に落ち着くと、カイルは睡魔に襲われ、夢の中で夫の幻影を見る。やがて目を覚ますと、隣にいたジュリアの姿がない。客席、トイレ、厨房と探し回るが、乗客も乗員も誰一人として娘の姿を見た者はいない。ジュリアはいったいどこへ消えたのか?




母は強し。

と云う映画ってことでいいでしょうか。

取り合えずワタシは兄に「兄ちゃん、宇宙人ヲチじゃなかったよ!」とだけ伝えることにします。
先日、DVDで『フォーガットン』を見たばかりの兄が、ナンじゃありゃ~! とメールで伝えてきたので。
正直、さほど評判がよろしくないこの映画だけに、同じヲチ!? とドキドキしていたのです。


そんなこんなで話題沸騰? のこの映画。っつーか、ワタシはすげぇ見る気満々の映画でしたよ。昨年末くらいからやり始めた予告で、何か楽しそうな映画だなぁと心待ちにしていたのです。

ンが、しかし。

映画を見る前に、感想を書いているサイト等をチラホラみたら、これまたあまり評判がよろしくないのですな。しかもやっぱり?『フォーガットン』と比較している方が多いったらありゃしない。

ま、まさか・・・・・・。

と思いつつ、過大な期待はせずに見に行こう、うん、と心に秘め、ワタシはこの映画を見てきたのです(大袈裟)。


で、まぁあまり期待せずに行ったせいか、思っていたよりクソじゃなくてホッとしました。
しかしまぁ「んー・・・・・・」と云った類の作品のよーな気がしないでもないですが。
『フォーガットン』と比較している人が多いのは、やっぱり子供が消える過程や周囲の反応が似ているからでしょう。しかもどちらとも母の愛が迷惑なほど強烈。ほとんど狂人状態。違いは宇宙人が出るか出ないかと云うこと。
しかしいくら何でもカイルのあの行動は常軌を逸脱しております。娘が大切なのは判った、ああいう場合、周囲は誰が乗っていたかなんてさほど見ていないものだと云うことにも納得。しかしカイルの行動は納得   と云うか賛同できません。
娘のためなら何してもいいのか。飛行機の中に心臓の弱い人や精神不安定者がいたらどうなる。上からマスクなんぞが降ってきたらヤバいことになるぞ。

そしてジュリアを捜す時に壊した、積まれていた車のフロントガラスを割っていたけど、あれは当然弁償するんだろうな。
それとも爆破の有耶無耶でナンもなかったことになるのかしら・・・・・・そうだろうな、きっと。
釈然とせん。


ジョディ・フォスターによるジョディ・フォスターを中心にしたジョディ・フォスターのための映画なのに、ジョディ・フォスターがヒステリックなイカレ女にしか見えないから不思議ですなぁ。ワタシがあの場にいた乗客の1人だったら、怒り心頭だと思うもん。
ジョディ・フォスターが好きではない人が見ると、途中まで結構不快な気分になる映画かもしれません。実際ワタシはそんなに嫌いな女優さんでもないのに、彼女の言動・行動にちょっと苛々しました(笑)
あと、あの年頃の女の子(ジュリア)の母親にしては、老けすぎな気がしないでもありません。

登場人物の中にいた、いらぬ疑いをかけられたアラブ人の男性は、正直かなりいい迷惑でしたな。ヒルトンの領収書見せてやったのに、それでもカイルはまだ疑いっぱなしだったし。いくら子供を捜しておかしくなっていたとは云え、あれでは失礼すぎる。
最後には親切にバッグ取ってあげたりしていたけど、あんたは名誉を傷つけられたってことで訴えてもいいと思うけど、と云ってやりたくなりましたよ。


で、どんな映画かっちゅーと、普通にハイジャックものってことでFA?
乗客や乗務員が全く気づいていないハイジャックなんだけど。


基本的に納得のいかないところも多々ありました。
なぜカイルが選ばれたのか、カイルの夫を殺したとしても、カイルがあの時間帯のあの飛行機に乗ると云うことは確実じゃないと思うのに、当たり前のように選ばれたと云うところに疑問が。釈然としないんですよ。
カーソンのいかにも「俺怪しい人だから」と云った面は、最初から胡散臭さ爆発だし、インド系(思い込み)客室乗務員のでっかい眼のお姉ちゃんは、やっぱりエキゾチック過ぎて胡散臭さ爆発だから、それはそれでいいのですが、取り合えず一番気の毒なのは、どう考えてもカイルの夫ですな。それ以上の何モンでもない映画。


スポンサーサイト
MOVIE | 23:26:09 | Trackback(16) | Comments(0)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
01月 « 2006/02 » 03月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。