スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『The Legend of Zorro』


時は1850年。カリフォルニアは米国の31番目の州になろうとしていた。だが、その是非を決する住民投票が行われたサンマテオで、妨害をたくらむ悪漢が投票箱を強奪する。助けを求める鐘の音に、黒いマスクのヒーロー、ゾロが登場。彼の活躍で、投票はどうにか成功に終わる。ゾロことアレハンドロ・デ・ラ・ベガは、自由のための戦いが実ったこの日、息子ホアキンのためにゾロを「引退」すると、かねてから妻エレナに約束していた。しかし各地の投票が終わるまでの3ヶ月間はゾロを続けると言い出し、エレナを激怒させる。



『マスク・オブ・ゾロ』の続編に当たる映画。前作はもう8年前? の作品だし、DVDとか持っている訳じゃないから1度しか見ていないはずだけど、何となく内容覚えているかなぁ・・・と云った作品。
でも前作見ていなくても入れる作りとなっていました。
ただ初代ゾロのホプキンス爺の遺影も残っていなかったのが淋しいですが(当たり前)。

にしても、何っつーか完全な娯楽作品でした。前作のようなカッコ良いゾロではなく、どこかコメディチックで駄目親父かつ駄目夫なゾロ(でも決める時には決める?)なので、本当に娯楽の娯楽。前作のような作りを期待していた人は物足りないと思うかもしれませんなぁ。
個人的には、ここまでハッキリとエンターティメントに徹してくれていたので爽快でしたわ。映画はごちゃごちゃ細かいことは考えず、愉しむために見るものです、と云う1本のような気がします。
話的には勧善懲悪に近いですね。




今回のテーマは家族愛。
相変わらず胸毛ムシャムシャなアントニオ・バンデラス演じるアレハンドロ as ゾロと、相変わらずアネゴっぷりが激しいキャサリン・ゼタ=ジョーンズ姐さん演じるエレナが結婚し、子供が出来てから数年後と云う設定。
息子のホアキン役の子が可愛いのよぉ~。パパママ顔負けの活躍っぷりかつ運動神経の良さ。正義感たっぷりだし、かつ悪戯も大好き。顔立ちもあの2人の子供らしく濃いしね(笑)そして何と云ってもゾロの愛馬トルネード! 黒王号(by北斗の拳)も真っ青の活躍ぶりで愉快愉快。スペイン語でなければ命令を聞かないし(英語を解していないだけの様子)、ワインを飲んだり、パイプを吸ったりしたと思ったら、汽車の屋根に乗っている時にトンネルが迫って来た時には、思わずお眼々パッチリになっちゃうし(この時の様子が可愛いぞッ)。



エレナがゾロに「Follow me!」と声をかける夫婦逆転っぷりや、父の威厳を見せると思いきや、ホアキンがゾロ=父とは知らず「パピーは僕のことなんて心配していないよ」と云われ、しんみりとして「そんなことはない」と云う盲目の父愛の場面とか、何だかこの家族のあり方を表している随所随所の場面が素敵。
ゾロのヒーロー時と普段とのギャップの差が魅力でもある本作。カッコいいだけのキャラよりこういうキャラの方が人間味があって愛されちゃうよなぁ~なんて。
しかし一気に離婚までブッ飛んだ前半の部分は驚いた。これがスピルバーグマジックなのかも(意味不明)。

スポンサーサイト
MOVIE | 00:39:15 | Trackback(3) | Comments(0)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
12月 « 2006/01 » 02月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。