スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『War Of The Worlds』
waroftheworlds_finalbig.jpg

超話題作!
初日から頑張って観に行きましたわよ、ええ。
(いや、レディース・ディだったからなんだが)。

で。


え?


みたいな・・・・・・。


ビミョーですわ・・・・・・とにかく微妙な映画でした。
邦題『宇宙戦争』。まんまストレートな訳ですが、センスもない気がしないでもない。
で、だ。
正直ね、途中までは良かった気がするの・・・雷ドンドンピカピカのところや、地面がメリメリッと裂けていくところとか、パニックに陥った時の人間の行動とか、宇宙からの生命体の攻撃とか迫力あってさ・・・・・・・。
うぅぅん、途中までってか、8割くらいまでは良かった気がする(大甘採点でだけど)。迫力とテンポと緊迫感で流されていたってこともあるけど。
つまりあれですわ。

終わりよければ全て良し。

その『終わり』がこの映画は・・・・・・(汗)


この映画、リメイクなんですね。知らなかったわ・・・(ついでに云うとティム・ロビンスが出ていて、しかもああいう役とも知らなかったし、どこにでも出ているモーガン・フリーマンがナレーションやっていたことも最後まで知らんかったわ/汗)
まぁそれはいいとして。
宇宙人が地球を侵略するって云う話は、ハリウッドのご都合主義だとアメリカの軍や国のパワーや愛で撃沈する系もある中、この作品は実に『え? そんな理由でいいの?』みたいな理由で退治しちゃうところが拍子ハズレな反面、微妙な好感は持てましたね。やりすぎていないところが良いと云えば良い。
あと、出し惜しみしていたトライポットと宇宙人は「ふーん」みたいな感じでした。
・・・っつーか、出し惜しみしていたくせにあの程度かよ! とは云ってはいけないと云うことだろうか(毒)
やっぱりワタシのような【SW】ヲタは、シスの復讐~チャラララ~に期待しましょうと云うことでヲチがついたと云う作品。
誰だ・・・・・・夏の2大超大作ってホザいていたヤツは(それはマスコミ)。

閑話休題。

えーっと、この映画の話に戻すならば、あとは大阪人が凄かったようだ。
あんなヲチが待っているなら、途中で頑張って倒す必要もなかった気がしないでもないが、それでも大阪人は大阪人だった(意味不明)

dakota_fanning20.jpgキャラとしては、トム・クルーズは以外にあの手の父親役が似合っていたなと云った感じです。正義感溢れる、愛を振りかざすオヤジよか、真実味があった気がします。
しかしボストンだけは全然被害を受けていなかったのがよく判らない。宇宙人の移行の仕方、潜伏の土地勘がよく判らなかったです。
ヒロイン? のダコタちゃんはヒステリック系の少女で、ちょっと厭ンな感じでしたね。
あんな極限状態の時にあんな子が側にいたら、家族以外の人間だったら苛々するねぇ。まぁ極限状態だからこそ、あそこまでパニクるのも仕方ないんですけど。
そんでもってトムの息子役の子は、もしかして最強だったのか? と思わせるラスト。
何でアイツ助かってんねん。


終わりは『むにゅむにゅ』と云った感が拭えませんが、それでも観るならやっぱり迫力の伝わる映画館で観るべきでしょうな。
家にすンばらしいホームシアターがある人ならともかく、ショボいDVDで観ると迫力が激減し、訳の判らん勢いと迫力がなくなっちゃうのは確か。
観るならば映画館で。
ただし1800円出して見るのはお勧めしない。
映画の日かサービスディで充分。


スポンサーサイト
MOVIE | 23:40:14 | Trackback(10) | Comments(5)
『Batman Begins』
batmanbeginsdomesticbig.jpg
バットマンシリーズはこれまでに1本も見たことがありません。
じゃあ何故今回見たかと云うと、やっぱりケンケンのせいでしょう・・・・・・多分、ワタシのような日本人って多いんじゃないかしら。
出番はかなり少なかったですが・・・これもまた、マスコミに踊らされているね、日本人(笑)
渡辺謙のクレジットは6番目くらいかしら?
ってことで、本国版のポスターには名前も載せて貰えていません。どうでもいいけど、ポスターの種類多いねぇ。
っつーかワタシは、ずっとケンケンはラスボスとばかり思っていたんですが・・・・・・実はかませだったなんて(汗)
ついでにあの忍者の連中は一体なんだったんでしょう・・・・・・そのセンスはどうかと。




ってことで、やたらに種類の多いポスター一群。
他にもあるのかしら。
batmanbeginsposterbig4.jpg batmanbeginsofficialposterbig.jpg batmanbeginsinternationalbig.jpg batmanbeginsbustposterbig.jpg batmanbegins_bigcarryposter.jpg



主役はクリスチャン・ベール。これはまぁ、ほどほどの知名度って感じですが(笑)、脇に結構な大物がズラリ。
気づけばそこいらの映画に出まくっているモーガン・フリーマンとか、役柄互いに逆だったんじゃないかと疑いたくなるゲイリー・オールドマンとリーアム・ニーソンとか、トムの恋人ってことばかりが先行しているケイティ・ホームズとか、マイケル・ケインとかね。
どうでもいいけど、クリスチャン・ベールってバットマンのマスク被ると顔の印象が変わるんですけど・・・・・・アレって本当に本人が被っていたのでしょうか。


batmanbegins1.jpgで、どうやらシリーズ4作目らしい【バットマン・ビギンズ】。バットマン誕生秘話なんだとか。
っちゅーかバットマンってスーパーヒーローじゃなくて、普通に生身の人間が武器とか防具とかで全身固めて闘うヒーローだったんですね。
確かに「ンなアホな」的ところも多いけど、基本は金使ってせっせと武器とか防着とか開発しているし、ちゃんと鍛錬も行っているし・・・・・・なんだか【スパイダーマン】と被るようで被っていない。
っつーかあっちが偶然の産物で超人パワーを身につけたのに対し、こっちは訓練訓練また訓練だったとは・・・・・・。被るどころか正反対ですなぁ。


まぁしかしアレですわ。
バットマンの場合、何をおいても必要なものは金ってことで。
っつーか、億万長者って何よ・・・・・・なんて羨ましい設定。街を走るモノレール作っちゃうところが並の金持ち家系じゃないですな。
つまり世の中、金さえあれば何とでもなるぜ! ウワーッハハハハハハ! と云うことなのでしょう(違)


そして予備知識がカケラもなかったワタシは【バッドマン】は現代のお話だとばかり思っていました。
ゴッサム・シティは近未来なのか? それとも別世界って設定なんでしょうか。
それとバットマンのコスチューム自体が黒で、世界も夜の場合が多かったので、周りが黒黒黒、みたいな。そのせいかアクション・シーンは正直見難かった気がします。カメラが近すぎる気もしたし・・・・・・。

まぁでも、基本は見やすかったです。
もっとコテコテのアクションものかと思っていたら、実は結構な葛藤ドラマでしたし。
どうでもいいけど、アメコミのヒーローって絶対何らかの葛藤と闘っているって設定なのね。もっと能天気に、世界の平和を守るんだー、あははははーみたいなヒーローっていないんだろうか。


MOVIE | 21:10:06 | Trackback(10) | Comments(3)
『HOSTAGE』
hostageposterbig.jpg
HOSTAGE・・・・・・直訳すると「囚われの身」ってことですね。まぁこの場合は人質の意でしょうけど。
どっちにしろまんまなタイトル。こういうの最近多い。


まぁ話としては迫力あって、そこそこスピーディで、でもじっくりしているところもあって・・・・・・何も考えずに見るには最適の映画。
ただ真面目に見ると飽きちゃうかもしれないって感じかな。ちょいとB級テイスト。しかもA級のつもりで頑張ったけど、B級になっちゃった・・・・・・でも作った人達は、未だにA級だと信じている、みたいな作品っぽい。
そして極めつけは、実はコレ、ホラーですか? と思わせる笑っちゃうくらいのゾンビ感。
いやぁ・・・あの秘密の通路(笑)で追っかけられるシーン、超ホラーだわ。あの状況で、アレに追っかけられたら本当に怖いですよ、ええ。
まぁでも真面目にこの映画の一番の見所は、強盗3人組の1人のマースが秘密の通路(笑)で追っかけてくる場面でしょ。アレ、モロホラーだよ。怖いよ怖いよ。マースって顔も怖いよ。
逃げる女の子も怖い顔だし・・・・・・なんでもっと可愛い子使わなかったかなぁ、なんて。
何かでも、どうでもいい理由から短絡的に犯罪を犯すのってよく判らん心理だわ。ワタシだったらもっとしっかり計画を立てて、絶対に失敗しない完全犯罪みたいなのを考えるけどね(成功するかどうかはともかく)。
そんでもって、ちょっとだけ登場するSWATが、いやに動きが機敏だった気がするわ・・・・・・変なところでプロ並な連中使ってんのね。


主演はブルース“タコ”ウィリス・・・・・・ってワタシの周りでは云われているんだけど。
頭がタコっぽいのよね。
髭ボウボウの時は、最初ブルース・ウィリスって気づかなかったくらいだもん(意味不明)
しかしブルース・ウィリスはやっぱり身体張ってナンボって感じの人ですね。『ダイ・ハード』の頃に比べて、多少アクションシーンは少ないですが、それでも動いて一流の人です。
そしてお涙ボロボロ・・・・・・なんでかな、泣く役が多い気がするんだけど。気のせいかな。


bruce_willis1.jpg
今回のブルースさんは、家族が人質に取られちゃって、彼女達を取り戻すための条件として、金持ちの邸に押し入った強盗との交渉に乗り出すって話。その邸には、秘密の代物があるのだー・・・・・・それを無事に回収できたら、家族は返すぞうと云われ、私的理由一辺倒で交渉にGO。
どうでもいいけど、ブルースの実の娘さんが、作品の中でも娘役として出ていたそーな。デミとブルースを足して2で割ったようなお顔の子ですが、演技的にはまぁ普通・・・・・・容姿的には不細(強制終了)
しかし親父は絶賛の演技だったんだってね・・・・・・ただの親莫迦じゃん、ブルース・ウィリス(笑)
そしてもう1人、人質となった少女の方も何だかなの容姿・・・・・・。
それにしても西洋人って、ヘソ出しルック好きだけど、大抵ベルトの上に脂肪がでっぷり乗ってんだよな。日本人でも同じような子を最近見るようになったけど・・・・・・さすがにもう少し痩せてからその恰好はすれば? と思わないでもない。

話としてはブルース・ウィリスが交渉人役って云うから、サミュエル・L・ジャクソンとケビン親父の出ている、高尚な『交渉人』みたいなのを期待しましたが、あれと比べるとレベルの低い化かし合いって感じかなぁ。
まぁ疲れた人間の脳には、あの程度の交渉術の方が簡単でいいのかもしれない・・・・・・。
それにしても見終わって残っている感想ってと、黒幕判らなくて不満不満ってことと、金持ちのカラクリ邸に押し入った若者オバカ強盗3人組の繰り出す兄弟愛とホラーの話? みたいな・・・・・・。
あんな家あったら住みたいけどね。
黒幕の方はさ・・・・・・あのラスト、いくらなんでも簡単すぎでしょ。何でラストだけ、あんなに手抜きかね、ってな感じ。

MOVIE | 01:02:22 | Trackback(11) | Comments(3)
『THE FORGOTTEN』
The-Forgotten--C10135053.jpg
以前死んだはずの子供のことを、自分以外の人が忘れてしまう・・・・・・
そんな理不尽かつ謎の展開が待ち受けていると云う今作。
ミステリとサスペンスが混じった感じなのかなと思い、結構期待して見てきたのですが・・・・・・う、うぅぅん??
思っていたのと違う展開でした(汗)
だって・・・だってまさか。地球外生命体ヲチだったなんて(滝汗)
テリーが『笑わないで訊いて・・・』と云いながら、犯人の推定を口にする台詞があったのですが、無理だよ・・・・・・そんなヲチ、笑うに決まってんだろ。
あたしゃ、W杯サッカーの予選見るのやめて、わざわざこの映画見に行ったんだが(いや、単にレディースディだったからだが)。
ハッキリ云って、本当に唖然って感じでしたわよ。
正直、やけに空から見下ろすカットが多いし、テリーが空を見上げ雲がむにゅむにゅぅ・・・と動いているシーンなどもあり、その段階で『あ、あれ? も、もしかしてコレは・・・・・・』と思ってはいたんですが、え、ええ(汗)
何となく『サイン』を見た時の「ぽかん」状態を思い出してしまいました。
それでも諦めの悪いオンナのアタクシとしては、途中まではまだまだ、何か国家の陰謀とか、記憶の改竄とか、そういう展開だとばかり思っていたのですよ、はい。

それに何でテリーだけが息子のことを忘れずにいられたのか。
その辺のところが曖昧で、何だかなぁ・・・みたいな感じですし。
あれじゃあ、他の子の親が単に薄情ってことになってしまう。


dominic_west4.jpgしかしかかし、人間がちゅど~んってな感じでフッ飛んでいくシーン、微妙に・・・・・・いえ、かなり笑えてしまう。
最初の人の時は、迫力にビビッたんですが、2回目以降が何だか・・・・・・プッ。・゚・(ノД`*)ノシ☆
ギャグかよ! と本気で思いましたもん。
ここまでくると、もう何も怖いことあらへん、みたいな。何でも許せてしまいそうな爆笑映画でしたわ。
ジュリアン・ムーアが何故この映画の出演を引き受けたのかは、未だによく判りませんが・・・・・・(どうでもいいが、この人の二の腕すごいシミだったなぁ)。
しかもゲイリー・シニーズは期待通りと云うか、やっぱりね・・・みたいな感じだったし。


しかしこれ、別に賛否両論ありそう・・・って感じじゃないですね。良し悪しを真剣に議論する映画じゃないもん。
とにかく笑え! って感じの映画じゃないのかしら。
正直爆笑ですよ、爆笑。
も、もしかして監督シャラマン??と思ったのはワタシだけではあるまい(違うんですけど)。

MOVIE | 23:09:07 | Trackback(8) | Comments(4)
『Million Dollar Baby』
milliondollarbabyposterbig.jpg

アカデミー賞の後、日本のメディアでは『アビエイター』及びプリ夫がオスカー取れなかった! と云うことばかりを話題にしていて、主要5部門のうち4部門を制した作品のことはサラリと流されておりましたが、このたび目出度く公開と云うことになり、イーストウッドも然りだが、彼に遅れてヒラリー・スワンクとモーガン・フリーマンも来日したとあって、徐々に注目されてきた本作を見に行ってきました。
大体ハリウッド大好きジャパニーズなんだから、オスカーで主演女優賞、助演男優賞、作品賞、監督賞をゲットした時に、プリ夫のことなんて放っておいてちゃんとこの作品のことをメディアは伝えて欲しかったわ。
しかしまぁ、遅れて上映と云うことになったからこそ、そこそこ注目を浴びたとも云えますし、それにオスカーをゲットしていなかったら、日本で公開されていたかどうかすら妖しいので良しとしませう。










baby3.jpgってことで『Million Dollar Baby』。
直訳すると『100万ドルの娘』と云うことになるが、それ以上の価値を持ち、光を放った女性ボクサーと、彼女を指導する老トレイラー、そしてそんな2人を見守る元ボクサーを脇に添えて勧められた本作。
光と影が一体となった作品。映像的にもストーリー的にも。
最初から最後までボクシング映画かと思っていましたが、実際には人生ドラマでした。
ラストはグッと来ました。正直、良かったよぉ~。
前半は静かで、中盤からは元気にファイト、そして後半はウルウル。
でもこれ号泣映画ではないですね。ストーリーそのもののように静かに、じんわりと泣ける感じ。
ヒラリー・スワンクは普通の女性やらせるとインパクトないけど、こういう闘う女をやらせるとピカ一ですね。ウェイトレスとして働いているレストランで、客の食い残しのお肉を持ち帰って、家で喰いつく姿と、そこまでして生活を切り詰め、貯めたお金で嬉しそうにボクシングの用品を買う彼女の姿に惹きつけられた。
もちろん老トレイラーのイーストウッド、それに2人を見守る元ボクサーのモーガンも静かなのに圧倒的な存在感。
迫力と興奮があれば、楽しく笑顔を見せられるシーンもあり、また重厚なドラマでもあり、最初から最後まで魅入ってしまいました。
フランキーが口にする『Protect yourself』と『Don't ask me the questions』はまさにキーワード。これぞイーストウッド節ですな。


hilary_swank1.jpg子を見捨てる母親、親に突き放されても闘う娘、けれども最後には『切り捨てる』ことしか選択肢が残されていなかったマギー。他人ではないからこそ、傷は深いし、ズキンと来る。産みの親より育ての親とは良く云うけど、最後の最後まで親に見捨てられたマギーにとって、フランキーの存在だけが確かでしかなかった。
師弟でもあり親子でもあり恋人でもあり、またそんなチープな言葉では語り尽くせないとも云える2人の関係が、深くて深くてそれ故に美しくもあり哀しくもある。
2人を見守るスクラップの存在もまた、一線を越えないところで静かに存在を高めていてイイ。


この映画の字幕は、映画ヲタクの中では不評の極みの戸田さん。
『オペラ座』とか特に酷かった印象があるので、ちょっと不安でしたが、まぁアレに比べれば普通だったかも・・・・・・。
だからと云って「I am asking」を「お願いよ」と訳し、「(モ・クシュラ)I Love You, My Darling, My Blood」を「愛する人よ。おまえは私の血だ」と訳すのが正しいのかどうかは知らない。


clint_eastwood6.jpg余談ですが、タイトルマッチでマギーと対戦する“ブルーベアー”の人、すごかったですねぇ。タイトル戦で現れた時、正直男の人かと思わせる怖さと迫力、てっぺんから爪先まで『闘う女』を感じさせる異様さが素晴らしかった。
しかしあの対戦で、彼女が反則負けを取られず、勝者になってしまったのは納得がいかない・・・・・・っつーかあの最後のパンチは、ラウンドアウトのゴングがまだ鳴っていなかったってことなのか?
あの時だけ『Protect yourself』が出来なかったマギーが哀しい・・・・・・(つД`*)


で、ラストは賛否両論かな?
尊厳死に対してはいろいろ意見があると思うし、宗教観によっても大分違ってくるから何とも云えないけれども、自分がマギーの立場だったら、やっぱり死んだのと同じ状態のまま生きるのは辛いかもしれない。
それにマギーの中では、自分の夢は叶った後。だとしたら、もう思い残すことはないんでしょうね。
父親みたいだとマギー自身が云っていたフランキーによってそれが成されれば、至上の喜びですらあるのかもしれない。
反面、受け入れがたい現実と取る人も多いでしょう。
価値観は個人にしかないでしょうね。
どちらにせよ、この映画は普通に人にお勧めできますわ。


この映画、近所のシネコンで見たんですが、最後のエンドロールで、普段ならば席を立つ人が沢山いるのですが、この映画に限っては、最初全く誰もビクとも席を立とうとしなかったので、ちょっとビックリ。館内中最も大きなスクリーンだったので、客も結構いたし・・・・・・それにウチの近所のシネコン、全国で1、2の観客数を誇るシネコンなのよね。
そんなところでも、この映画の持つ力に圧倒されてしまいましたわ。
しかもエンディングの曲もまた、クリント・イーストウッドならではでしたね(笑)

MOVIE | 00:38:12 | Trackback(10) | Comments(4)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
05月 « 2005/06 » 07月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。