スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『The Interpreter』
theinterpreter_bigposter.jpg邦題『ザ・インタープリター』。日本の英語教育を受けると「ザじゃなくてジじゃない?」と云う突っ込みが入りそうですが、英語圏の人って実際には結構アバウトなんですよ。母音だとしても、それこそ『ザ』みたいな発音する人多いし。いや、これは邦題なので、恐らく見出し的(印象度)から、ワザと『ザ』にしたと思うんですが。



アフリカのマトボ共和国で国民が虐殺されていて、大統領のズワーニは国際社会から反発を受けており、その弁明のために国連総会でスピーチをすることとなっていた。
ある時、翻訳家のシルヴィアは、忘れ物を取りに国連に戻り、そこでズワーニ大統領暗殺計画を耳にしてしまう・・・・・・。




と云うお話。部類としては政治サスペンスって云うのかな?
監督はシドニー・ポラック。『愛と哀しみの果て』でしたっけ・・・超有名な監督ですよね。
まぁワタシは『愛と哀しみの果て』を見ていないんですが(ヲイ)。
主演は2大オスカー俳優のニコール・キッドマンとショーン・ペン。二コールの方がクレジットが上なのが意外なのですが、そう思ったのはワタシだけかしら・・・・・・。


interpreter5.jpgしかしニコール・キッドマンのお美しいことお美しいこと。
ほっそりしたお顔に、スラリとした身体つき、長い脚に知的な顔立ち。クールビューティって感じですね。メイクの関係もあるかもしれないけれど、スッキリしたお顔立ちが強調されていて、ボサボサの髪をしていてもカッコいい! って感じでした。
 まぁアフリカ出身と云うには無理がありすぎる色白さんでしたが(笑) 最初に死んだお兄ちゃんがモロあちらのお顔って感じだったから特に違和感が・・・・・・。
 まぁシャーリーズ・セロンだって南アフリカ共和国の出身だしねぇ。白人でもおかしくないわよって感じなのかなぁ(でもセロンはすごい色白じゃないしねぇ)。


interpreter3.jpg
ショーン・ペンはショーン・ペンで存在感ありまくりでしたなぁ。
っつーかこの手の映画、いかにもショーン・ペンが好みそうって感じなんですが、気のせいかなぁ。社会派とか意外に好きよね、って勝手に思っているんですが。



ところで舞台となったマトボ共和国は、ジンバブエをモデルにしているフィクションなお国なんだとか。ジンバブエと訊けば、あのズワーニ大統領にしても「なるほどねぇ・・・」みたいな感じですよね。
あの国、問題ありありですし。

そして舞台となった国連本部。
国連での撮影は史上初だとか。そりゃそうでしょうね。
当初は当然ながらNGだったのを、監督はアナン国連総長に掛け合って撮影の許可を取り付けたってんだから、パワーありまっせ。
しかし国連本部が建っているのがたまたまアメリカだったと云うだけで、話のKeyとなる舞台がアフリカの某国にしたのは正解でしょうね。戦争反対を訴えるって意味もあったかもしれませんが、これがアメリカの政治に絡んだ陰謀だったとしたら『ありえねぇ』と思いますもん。
 だって国連の決定なんて無視しまくりのアメリカだもんね。もしもアメリカの政治絡みの陰謀が舞台となっていれば、話自体に重みがなくなってしまうもの。
国連の地雷CMも『過激すぎる』『子供に見せるには衝撃がありすぎる』ってことで流さないアメリカですよ? その地雷、アジアにあるものの5割近くは、アンタの国が埋めたんですよ? と云いたくなるわな。


閑話休題。


Interpreterと云うのは通訳のことですね。
通訳と翻訳は全然違う・・・ってのが通訳のお仕事やっている人の意見なんだとか。
ワタシ以前出向で、それこそNYの国連本部で働いていましたが、通訳の人ってもの凄くプライド高いのよね。こっちとら、通訳も翻訳家も一緒じゃん・・・みたいな感覚でいたけど、翻訳家なんかと一緒にしないでって感じだったし。
どうでもいいが前夫と知り合ったのが、この国連だったのだ・・・・・・(死)


nicole_kidman9.jpg
ってことで、終始、陰謀サスペンスに徹底していた感があって、シルヴィアとケラーの関係は、どちらかと云うと付随?
それに2人の関係は愛情と云うより、愛情に近い友情って感じに見えました。
けれども切なさと物悲しさは伝わってきて、個人的にはなかなか好きなタイプの作品です。
でもつまらない人にはつまらない作品かも・・・・・・。

スポンサーサイト
MOVIE | 00:26:10 | Trackback(7) | Comments(2)
『Bunshinsaba』
a7bd9388-s.jpg item1.jpg


韓国って国策で映画に力入れてんだよねぇ。
そのせいか、結構迫力あるものが多いよね、特にアクションとか歴史モノは。


しかしかかし、そんな韓国映画でも、ホラーは正直クソみたいなものが多い。ことホラーに関しては、日本の後を必死で追いかけているって感じだね。
この映画もどっちかってとク(略)に分類されるものかもしれないなー・・・・・・。
ワタシはホラーが好きなのな。
なのでクソだと思いつつも、ホラーがやると必ず見に行っちゃうのだ・・・・・・。それで何度、韓国ホラーには騙されたことか。


そんなこんなで韓国ホラーの『コックリさん』。原題は『Bunshinsaba』だとか。韓国でコックリさんのことらしい。
ブンシンサバだか何か知らんが「おいでください」ってところ、日本語に聞こえちゃった。同じような響きなのかなぁ?


この映画、タイトルの割にコックリさんのシーンは最初と、あと途中にちょっとあるだけ。その他は摩訶不思議超能力親子の復讐のお話でしかなかったよーな。
っちゅうか、摩訶不思議な能力を持っていたのは、結局はママンだけだったってヲチみたいだし。
しかしママンが妙な小細工? をして、緑内障は普通に緑内障として娘を行動させていれば何の問題も起きなかったと思うのだが、自分が代わりにモノを見て行動しちゃったり、摩訶不思議能力を娘の眼ン玉を使っても発揮しちゃったからこそ、あの悲劇へと突入した部分があるのも否めない気がするんですが。

それにしても、韓国のイジメってすごいのね。いくら何でも、袋を頭から被せて火ィつけるのか?
っつーかもはやイジメなんて域を超えてしまっている気もするが、あれじゃあ普通に『人間が怖い』って話でしかないぞ。


intro_pic01.jpg
ところでこの映画の主役って、やっぱりあの美術の先生なのかな?
それよかユジン役の偽小沢真珠の子のが可愛いし、妙に目立っていたし、何と云っても眼力女王の名を冠したいくらいの眼力に圧倒されちゃったんですけど、アタクシ。
すごいギョロ眼だったけど、しかしかかし可愛かったね、あの子。
いじめっ子の「何その眼。後ろから頭叩くと飛び出るんじゃない?」みたいな台詞にはプチ笑った。その通りだ。

えーっと、それとやっぱり、ラストのあの例の『天才子役』には突っ込みを入れねばなるまい。
この映画、『ボイス』と同じ監督の作品らしい・・・だからか。
天才だか何か知らんが、もっと普通に可愛い子使った方が・・・。
容姿のことを、いい方ならともかく、その逆についてとやかく云うのって、いくらそれを売りにしている芸能人とかであっても、本当はそんなに好きじゃないんだけどなぁ・・・・・・しかしあそこまで可愛くないと、天才だか何か知らんが引くって、普通。
だってビックリするくらい可愛くないもん。いやいや、あのビジュアルで、しかし『天才』と呼ばれるのだから、本当に演技が凄いんだよねぇ・・・とも受け取れるが・・・・・・しかしかかし。うぅむ・・・むにゃむにゃ。
それと日本だと、あの子って怖い役しか見ることないなぁ・・・今度、もっと天使のような役をやれば印象が変わる、かも(ビジュアル的に無理と云う突っ込みは却下)

MOVIE | 02:28:45 | Trackback(4) | Comments(2)
『CONSTANTINE』
intposter1.jpg


これ、初めは見ないかなぁって思っていた映画です。
ハリウッド映画の天使どうの悪魔どうのって云う、キリスト教世界観の映画ってどうも性に合わないもので。っつーか、判り難いなぁ・・・って映画が多いっつーか。
しかしいろいろなブログとか見ていると、結構評判良さそうだし、面白かったと書いている人が多いようなので、ちょいと見てきました。
それにやっぱり流行りモノは押さえておかなくちゃねぇ・・・ってことで。


それにワタシはキアヌが好きなのね。そう、Keanu Reeves。
来日するとラーメン屋に入ったり、お寿司屋で「ヒカリモノイッチョウ!」とか云って注文する妖しげなハリウッド・スターのキアヌ・リーブスが。
ドッグ・スター名義で知らん間に来日して、ヘタクソなギターで演奏していることもあるキアヌ・リーブスが。
開いた爪先とかを、ガムテープで修復して履いているキアヌ・リーブスが。
今までに付き合ったG・Fが軒並み不細(略)と常に書かれているキアヌ・リーブスが。
レオナルド・ディカプリオのお家の横にお家が建っているキアヌ・リー(しつこい)。


で、感想。

愛煙家かつ酒好き、とっても自己中心的な性格の持ち主のジョン・コンスタンティン。
彼は生まれついて持った能力で、普通の人には見えないはずの、現実世界と平行している天国と地獄からの生物が見えてしまう力を持ち、人に災いを齎す悪魔を祓う仕事をしている。
そんなコンスタンティンは肺癌のために余命あと1年   彼はどうしても天国に行きたい。けれども彼の死後の行き先は地獄と決まっている。
何故ならば、彼は1度自殺をしているから     
キリスト教の世界において、自殺した人間は天国には行けない。


運命の槍が発見された時、ナチスドイツの旗でくるんでありましたが、あれは何かの伏線なのか!? と思いつつ、結局最後まで特に何ってことはなかったですなぁ。
それとも続編でも作ったら(ありそう・・・)、あれがポイントになってくるのかな。


原作は流行りのアメコミだそうで。
Neoみたいなヒーローより、キアヌにはJohn Constantineのようなアンチヒーローの方が似合っていますわ、ええ。
キアヌは『ディアボロス/悪魔の扉』でもエクソシスト役をやっていましたが、映画の作品としても役柄としても断然今回の『Constantine』の方が上。別に比べるモンじゃないけどね。
本国じゃ悪意を持たれて大根と云われることも多いキアヌですが、少なくともこの作品に関してはものすごーく自然な演技に見えましたし、いい子ちゃんよりこっちのアンチヒーローみたいな方が性に合っているのかなぁ・・・なんて。
コンスタンティン役がキアヌに決まるまで、メル・ギブソンやニコラス・ケイジの名が上がっていたようですが、そんな面子の名前訊いてもやっぱりキアヌでしょ! と思ってしまいますな。まぁでも、やっぱり名前が上がっていたヒュー・ジャックマンは結構いいかも・・・と思ってしまうワタシがそこにいる訳で(死)


cons.jpg


しかしかかし、キアヌ演じるエクソシストのジョン・コンスタンティンがせっせと悪魔を追い返している理由が「天国に行きたいから」って、何っつーか悪ぶっている割に可愛い理由だなぁと笑ってしまう。
とは云っても、この作品の中で見せる『地獄』はちょっと怖い・・・・・・だって灼熱地獄だもん。普通に行きたくない。それに今まで退治していた悪魔連中に仕返しされるかと思うと、そりゃ地獄には行きたくないかもね、と思ってしまう。
その自己的な理由によって起こしているはずの行動が、結局は人類を護るための行為に直結していくってのはありがちなストーリーではあるけれど。
でも自己犠牲なんて、コンスタンティンにはして欲しくなかったなぁ。いくらキリスト教の根底にあるものだとしても、似合わない気がするんだが。


作中で何度か見せている、コンスタンティンと悪魔の対決も、スピード感があり、ちょっぴりグロさ(ちょっぴり?)、そして気持ち悪い虫みたいな雑魚悪魔が気持ち悪くていい感じ(日本語変)。
あと天使と悪魔、ハーフブリードの区別のところは、結構興味を惹かれる設定でしたな。

最後にラスボスことサタンが出てきますが、あれは人間界だから人間の姿をまとって出て来ているってことなんでしょうね。
しかしラストだけ見ると、要するに『神様と悪魔がコンスタンティンを奪い合う話』と纏めてしまうことも出来るよーな気が・・・・・・いやいや、うぅむ。
コンスタンティン、モテモテじゃんって映画ではありません。念のため。


cons2.jpg


ヒロインはこの手の映画のオファーが何故か多い印象のあるRachel Weisz。
Angela Dodsonって、やっぱり天使とかけているのか? Isabelは良く知らんけど。
コンスタンティンに魔除けを渡された時は特に何とも思わなかったけど、車を置いてくる場面でやけにクローズアップされていたので、ああ、これが伏線になるのか! と思ったら、本当にすごい伏線でしたな。
で、どうでもいいけど、地獄って東にあるんだったっけ?


そしてもう1人(人?)のキーパーソンとなるガブリエル。
天使だけあって両性具有。女顔だけどまんま胸ねぇなぁ、みたいな。
マリアへの受胎告知で有名な四大天使のGabrielとは別物と云う設定らしいです。まぁハーフブリードだからね。
演じた俳優さん、前にトム・クルーズ主演の映画に出ていたけど、名前忘れちゃった。


ワタシの見てきたシネコンでは、ほぼ7割くらいの人が、エンドロールが終わる前に席を立っていました。
こういう時って、まだ影像残ってるのよーって教えてあげたい気分になりますねぇ。
まぁどうでもいいけど。


MOVIE | 04:47:00 | Trackback(4) | Comments(2)
『BLADE TRINITY』
blade_teaserposter_500.jpg
相変らず渋いわねぇ~、鈴木雅之。 
みたいなウェズリー・スナイプス主演映画。

兄貴、お疲れ様です!

ってお声をかけたい感じのあのお方。そう、由緒正しい? martial artsな兄貴ですよ。
そんな偉大なる偽鈴木雅之なウェズリー・スナイプス兄貴主演・人気アメコミ映画のPart3でございます。
アメコミ映画、最近だと本当に沢山ありすぎですが、この【BLADE】って日本だと今イチな知名度の気がするのはワタシだけ・・・・・・?
しかしかかし、個人的には【スパイダーマン】とか【デアデビル】とか【スーパーマン】とかetcetc・・・より断然好きなんですけど。


で、見終わって。
正直、面白さは【BLADE】の比じゃありません。ワタシはPartⅠの【BLADE】には、もンのすごく衝撃を受けてしまいましたから。
すげぇ面白い! っちゅうくらい好きなんですよ、最初の【BLADE】。グロいの駄目な人には、全く受け付けない映画でしょうけど。
キアヌ主演の【マトリックス】で有名な弾除けシーンですが、わたしゃ【マトリックス】のアレよりも数年前にやった【BLADE】で、スティーブン・ドーフが顔面スレスレに跳んできた弾をニヤニヤ笑いながらスローモーションで避けるシーンに『おおっ、カッチョいいぷー!』と感激したもんですわ、はい。


ンが。
何て云いますか、この【BLADE TRINITY】は内容云々ではなく、美しいアクションシーンを大画面で楽しむ映画となっていたよーな。ハッキリ云って、ストーリーに深い意味はないし、メッセージ性なんてものもカケラもない。
その分、美しいカメラワーク。
ヴァンパイア達がパシャッ! とガラスが砕けるように飛散するシーンは前作、前々作同様小気味良いのですが、それ以上にカット割と云うのかな? そういうのの組み合わせがとっても見やすかった気がします。カメラの編集が素晴らしい!
この手のアクション映画って、結構コマ割りが複雑だったり、美しい影像を見せたいのか、やたらと難解な角度から映しちゃったり、スピード速すぎッ! みたいな作品が圧倒的に多い気がするのですが(特にCG使いまくりの映画は)、この作品はホントにアクションが見やすかったの。
それでいて流れるような迫力とテンポの良さがあったような。

しかし相変らず「blade」をシャカシャカブンブン振り回すブレイド・・・ではなく、今回のブレイドさんは、前作前々作と比べるとちょっぴり大人しかったかな。
その分、ガンガン頑張ったのがジェシカ・ビール扮するアビゲイル。ヴァンパイア・ハンター集団『ナイトウォーカー』の一員である美しい女性。前作前々作を通じて、ブレイドの協力者だったウィスラーの娘だそうです。
っつーか、ウィスラーお疲れ様・・・・・・な今回。
まぁでも、1の時はガンで死ぬ死ぬ云ってたんだから、むしろ長生きしたほう(ヲイ)

blade_poster2.jpg
んで、今回の敵はヴァンパイアの始祖・ドレイク。別名ドラキュラさんですな。
ドラキュラ伯爵ってルーマニア出身だったはずですが、彼が発見されたのはイラク。しかもピラミッドの中で??
いやいや、そこら辺の史実は気にしてはいけません。
しかも4000年の眠りから覚めた割に、結構ショボいなんてことも云ってはいけません。あの殺られ方は何だよぉ~なんて、云っていいはずがありませんのであしからず。
まぁでも、容姿的にも従前のヴァンパイアらしくなかったですな。
しかしヴァンパイアの始祖がピラミッドの中で眠っているって設定、アン・ライスも【ヴァンパイア・クロニクルズ】シリーズで使っていますよね。映画では今は亡きアリーヤが、ヴァンパイアの始祖である女王アカシャを演じていましたが。トム・クルーズがレスタト、ブラピがルイを演じた【インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア】ではなくって、スチュアート・タウンゼントがレスタトを演じた方の映画です。原作は【呪われし者の女王】でしたっけ・・・映画のタイトル忘れた。
ってことで、メジャーな設定なんでしょうか。


閑話休題。


日本だと【BLADE 3】となっていますが、原題は【BLADE TRINITY】。【The MATRIX】のヒロインもトリニティって名前でしたな。
トリニティって聖母マリアの意味を持つんですよね。でもこの映画だと違う意味だと思うですが・・・どうなんだろう。
三位一体の方かな?

この映画のサイト、かなりカッコいいです。
壁紙とかスクリーンセイバーとかも沢山あってお得感が・・・・・・(どんなんだ)。

MOVIE | 23:02:45 | Trackback(12) | Comments(3)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
04月 « 2005/05 » 06月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。