スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『The Grudge』
tra.jpg


昨年度の11月にN・Yに行った時見ちゃったんですけどね。
日本だとディレクターズ・カットがあるってんで、また見にいっちゃいました、『呪怨』。
で、どこが追加されていたのか、ほとんど判らなかったんですが(汗)


ってことでハリウッドリメイク版の『呪怨』。
主役はガイジンだけど、舞台は思いっきり日本。出演者にも日本人がチラホラと。有名どころだと石橋凌かなぁ?
何気に新鮮だったのが、日本語の会話には字幕がつくのですが、ただの呟きみたいな小さな会話には字幕が出ないんですよね。あれって、外人には判らないんだろうなぁ・・・と思うと、何となく妙な優越感が(笑)


02.jpg内容と云うと・・・・・・CMが怖すぎて差し替えって冗談みたいね・・・・・・。
実際には全然怖くない映画だよね、これ。ホント全然怖くない部類に入る。
邦画の方の『呪怨』も怖くないし、リメイクも怖くない。
呪怨はビデオ版が一番それらしいかな。

ラストは何か『リング』意識しまくりだったし。
っつーか、ジャパニーズ・ホラーの頂点はやっぱり貞子なのかな?
加椰子って冗談みたいなんだもん。
ワタシ、基本的にホラー見ても全然怖がらないくせに、怖いの大好きなんですよね。あの独特の雰囲気が好きなのかも。
今回は『姑獲鳥の夏』の予告見れたのが一番の収穫だったかも(ヲイ)


ju.jpg

ンがしかし、この『The Grudge』の何がすごいのかと云うと、やはり全米第1位を記録したと云うことでしょうか(イギリスでも1位取ったらしい)。
っても、全米第1位! と云う触れ込みの映画なんて沢山ありますが、この映画の快挙はそれが1週じゃなかったってことなんでしょうねぇ。それとズルズルと後退しなかったってこともポイントが大きい1つかと。
それと監督はまんま日本人の清水崇さん。
ってことで、内容もほぼ日本版の『呪怨』と変わりありません、はい。キャストがアメリカ人になったところがあるよー、みたいな感じだけで(オーストラリア人もいたなぁ)、舞台は日本なので、普通に障子とかふすまとか“例”の天井裏とか出てきて、ハリウッド映画だけど日本人には見やすいかも。

03.jpg
『呪怨』のヒロインは奥菜恵さんでしたっけ・・・それが『The Grudge』だとサラ・ミシェル・ゲラー。うーん、一時期は映画にも沢山出ていましたが、最近だと久しぶり? と云う印象があります。それとも普通に映画には出ていたけど、単に日本で公開していなかっただけかな。ま、どっちかってと、ヴァンパイアもののTVシリーズのヒロインのイメージの方が浸透しているような(バフィーだったっけ?)。


んでもって、日本が舞台なので、中心地は例の“あの家”。
当然ポイントの『階段』も大活躍。加椰子強すぎです。
この映画の理不尽なところと云うのは、やっぱ加椰子(&俊雄君)の『呪い』を解く方法がないってことでしょうか。しかもどう考えてもありゃ無差別殺人だし(笑)少しでも関わっちゃったら最後、ウもスも云えずに殺されちゃいますから、残念!
正確に云うと『呪い』ってのは、加椰子と俊雄ではなく、家にあるのかなぁ? とも思えますけど。
外国の映画にも“恐怖の館”みたいな話は結構あるので、この話も受け入れやすくて、だからこそのヒットになったのかな。
低予算ムービーだっただけに、関係者ウハウハらしいですな。
続編作るつもりらしいけど、正直やめた方が・・・なんて。


images.jpg
どうでもいいけど、日本版の『呪怨2』のパッケージ見ると、どうしても「残念ッ!」って云いたくなるのワタシだけかしら。


あ、そうそう・・・この『The Grudge』の向こうのHPが面白いのでお勧め。日本版より面白い気がする。
怖いのが苦手な人には向いてないかもだけど。


スポンサーサイト
MOVIE | 23:49:18 | Trackback(4) | Comments(2)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
01月 « 2005/02 » 03月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。