スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『The Phantom of the Opera』
20050209235333.jpg
無駄に長い。 


正直、途中から飽きちゃったよー。台詞が歌ばっかだから、かなり間延びするんですよ・・・・・・終わるまで、結構な苦痛でした。
本当に「やっべー、つまんねー」って思いましたもん。
こんなことなら、家で大人しくサッカーでも見ていれば良かった。
この話、どう見ても舞台向きでしょ。映画でやるには話が浅すぎるし、じゃあもっと掘り下げて作ったり、映画ならではの見せ場とか作ってあるかと云うと、そんなモン全然ないし。
パリが舞台なのに英語だし(いいじゃん)。
明らかに「その翻訳変!」って字幕があったし(まぁストーリー上、妥当ではあったけどさぁ・・・)。
映画ならではの設定で良かったところって、墓場でのファントムとラウルの対決くらいかな。
大体がこれ、オペラ脚本じゃないもん。
どう見てもミュージカル映画。思いっきりミュージカル脚本。
映画にする意味はどこにあったんだ? ブロードウェイで『オペラ座の怪人』を死ぬほど見ているアメリカでも、最高位がしょせん9位だっただけのことはある。
もちろん、影像ならではの迫力もありましたよ。オペラ座の絢爛さは、舞台じゃ表現できない気がする。無駄に豪華だったし。
でもそれだけ。
見せ場は予告にも使われているシャンデリアが落ちるシーンだけと云っても過言ではない気がする。ジャーン、ジャジャジャジャジャーン! の音楽がやたら耳に残る、あの予告ね。

そして何より、音楽が予想以上に悪かった。
主役の3人の歌は吹き替えなしで、圧倒的な歌唱力とセクシーさには確かに感心ですよ。
しかし発声は全然オペラと違うのね。
ミュージカルとオペラって、どっちがどういいとか云う問題じゃなく、そのものが全然違うのに、これはもう本当にミュージカルだったのね。
そりゃ、もとの『オペラ座の怪人』がミュージカルなんだし・・・と云われればそれまでなんだけど、正直ワタクシ、この映画が本当にフツーにケンカまで歌いながらやっちゃう『ミュージカル映画』だとは思わなかったから、何か妙に期待していたのね。
もう安易に見ちゃって大失敗。
いろいろなブログとかサイト見ると、この映画って「すごくいい!」と云うか「つまんね」って云うか両極端なのね。
それでもどちらかと云うと「いいよ」派の方が多い気がします。
だけど公開直後に見に行く人って、もともとのファンが多いんですよね・・・・・・前々からハマッている人に「すごくいい!」って云われても、ハッキリ云って説得力ないんだよなぁ・・・。


何か、ミュージカル見た時は何も思わなかったけど、今回映画見て、つくづく不親切な話やね・・・とは思った。
『オペラ座の怪人』って、ストーリー知らない人がいるのかなぁ・・・ってくらい有名だと思うけど、これって本当に全然話を知らない人が見たら、なんでやねんって突っ込み満載の話だもん。説明不足だよな。予備知識がないと、本当に判らんよーな気が・・・・・・。
まぁ原作読んで、自分の想像力を広げた方が有意義だってことかも。


20050209235510.jpgファントムは舞台と違って、ただ狂気で突き動かされている怪人じゃなく、心を持ち合わせている人間として描かれていたし、ラウルもやっぱり舞台の印象と違って、力強くて躍動的でしたわ。そこは良かった気がする。
舞台にはない、ファントムがオペラ座に住むようになったいきさつとかも描かれていたし・・・そこはまぁ親切な映画設定でしたわ(しかしあの状態だと、どう考えてもクリスティーヌではなく、マダム・ジリーに惚れるべきじゃないのか、ファントム)。
しかし肝心のクリスティーヌが・・・・・・何故そこまでファントムに惹かれるのかが、全然丸っきし描かれていない。
あれじゃあ、ただファントムとラウルの間を行ったり来たりしているだけの優柔不断な女性ですよ(舞台通りとも云えるけど・・・)。
まぁそれ以前に、全体的に人物描写がめっぽう浅いです。浅すぎ。


どーでもいいが、ラウル役のパトリック・ウィルソンは普通にカッコ良かったですわ。20050209235727.jpg

っつーか『オペラ座の怪人』ってファントム派が妙に多い気がするんですが、ワタシは大昔からラウル派でして・・・今回の映画のラウルは、今までに見た『オペラ座の怪人』の中でも、ベストと云っていい配役でしたわよ(今までに見たって、日本とブロードウェイとバンクーバーでしか見たことないんだけど)。
どーでもいいが、ワタシは子供の頃、貴族の血筋の子供のことを『子爵』と呼ぶのだと思い込んでいたことがあります。
そんでもって、愉快なプリマドンナのカルロッタをやったミニー・ドライバーがナイスでしたわ。
相変らずのベースボール型の顔で、何だか高慢ちきでコミカルな役がピッタリ。例え口パクでもな!
この人、結構いろいろな作品に出ているけど、正統なヒロイン役とか似合わない人なのよね・・・・・・なので今回のカルロッタ役はかなりハマってましたわよん。


スポンサーサイト
MOVIE | 23:55:35 | Trackback(4) | Comments(4)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
01月 « 2005/02 » 03月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。