スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『THE Village』
村。まんまなタイトル。ヲチもまんま。
何ちゅうところに住んでるんだ・・・・・・みたいな感じで失笑してしまった。
「賛否両論」と云われる映画は多いけど、この作品はまさに肯定か否定に分かれそうな映画でした。


ってことで、ワタシ的には、まぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんじゃそりゃ、みたいな。
どっちかってと「否」です。
っつーかこれ、見方を変えればアイヴィーとルシアスの恋愛映画だよな。
ノア役のエイドリアン・ブロディが気持ち悪くて、そこだけは笑いどころで良かった。
ところでルシアスの色って結局何色だったんだろう。
しかしホアキン・フェニックスってますますリヴァーと似て来なくなるなぁ・・・・・・・・・・・・。
いいんだけど、別に。似ていない兄弟なんてゴマンといるんだし。
しかし『BF』を読み直して、リヴァー、かむばぁぁぁっく(つД`*)と思う今日この頃。


「ユートピア」を作った年長者達の気持ちは判らんでもないが、もンのすごく自己中心的で押し付けがましいことも確かで、何か鼻につく。目の見えないアイヴィーを街にやったのも、意図が見え見えで厭。
大体、あんなところに村作っていれば、遅かれ早かれ、いつかは出て行かなくてはいけない日が来るよな。その時のことを考えると、すごく残酷な映画だよ。年長者達は、自分達が死んだ後のことを考えなかったんだろうか。
「犯罪とは無縁のユートピアを作った」って、村人が「そこ」に住んでいること自体が既に犯罪なわけだが・・・・・・。


ってかあの「タブー」って・・・・・・_| ̄|○。・゚・
あんなんで本気で怖がる大人が多すぎることこそが、最大の謎だ。

スポンサーサイト
MOVIE | 20:37:01 | Trackback(0) | Comments(0)
『VAN HELSING』
VANはVampireのVANなの? とか、HELSINGは文字通りなの? とか。
つまりタイトルからしてまんまなこの映画、中味はそんなにない作品でした(ヲイ)。
っつーか、つまり、

ルーマニアは怖いところだよ、マーマ

と云うことが身に染みて判っただけのよーな。
でももーすぐだよ、ルーマニア旅行・・・・・・本当にノコノコとあの国に遊びに行っていいんでしょうか、ブルブルブル。バリバリのゴシック・ホラーの臭いを感じてしまいましたよ。

ってことで。

もンのすごいCG技術バリバリな映画でしたわ。いかにも続編を狙えそうな終わり方だったし。今回のが全世界で当たったから、本当にやるかもね。
とにかく画面は迫力満点。度胸も満点。
ヒロインのケイト・ベッキンセールはレディースの総長みたいで濃いし、ヴァン・ヘルシングのヒュー・ジャックマンはやっぱり変身モノ大好きだし。
しかし一番おっかなかったのは、ウルフでもドラキュラ伯爵でもフランケンシュタインでもなく、ドラキュラの3人の花嫁だよ(・∀・)
3人のうち、1人は「どうかなぁ・・・」みたいな容姿だったけど(笑)、後の2人は普通に綺麗で可愛かったのに(濃いけど)、変身のとことか、お空飛んでいる時のお顔とか怖いんだもん。震えちゃうよ、ワタシ(つД`*)ブルブルブル

ところでガブリエルが「神の左手」なら、右手はラファエルなのかミカエルなのかと、友人と議論になりました。まぁどーでもいいんですけど。
でもヴァン・ヘルシングの正体、聖書読んでいない人には判りにくいんじゃないのかな。ワタシと友人の後ろで見ていたカップルは、実際「で、ヴァン・ヘルシングの過去には結局何があったの?」なんて云ってたしな。

MOVIE | 20:33:42 | Trackback(0) | Comments(0)
『FAHRENHEIT911』 
カンヌ映画祭でパルムドールを取ったマイケル・ムーア監督の作品。邦題は『華氏911』・・・・・・そのまんまですね。ってか、FAHRENHEITって何やねん、と最初思ったよ。
で、調べてみたら「華氏」でした。まんまー。
タイトルには深い意味がありそうね・・・でもおバカなワタシにはよく判りませんでした。


この映画は米国でも、もともと反Bushは見るけど、指示している人は見ないでしょうから、あんまり選挙戦には関係ないでしょうね。
ワタシはゴア派だったのよ! なので前の選挙はブッシュがズルしたと今でも信じていますわ。なので冒頭のアレは食い入るように見ましたわよ、ええ!
前にN・Yにいた時、職場にゴアが来たことあるんです、はい。そんでもってフツーに優しくて、ナイスミドルって感じだったのだ。何故か訳判らんバッチくれたし。日本人のワタシにンなものくれても・・・ってものでしたが。

政治色の強い映画だし、ドキュメンタリーな部分はあるけど、全部が全部本当ではなかろうし、都合のいい部分だけくっつけているところも多々あると思うよ。
なのでこの映画を見て、現在のアメリカ及びブッシュをどのように判断するかは、自分自身で考えることでしょうね。

MOVIE | 20:34:38 | Trackback(0) | Comments(0)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
08月 « 2004/09 » 10月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。