FC2ブログ
『The day after tomorrow』
パニック映画でした。何か、アメリカが作りそうな映画だなぁ・・・みたいな。
以上気象による地球滅亡のはずだったのに、全然地球滅亡していないし。結局氷に覆われたのは北半球だけだったし。作品の中で、地球全土を氷が覆う! みたいなこと云ってたし、人類滅亡滅亡云ってたのに、すげぇ沢山人が生き残っているし。っちゅーか死んだのはアメリカ人大多数と、日本人少数ですか? みたいな。
大体、クソ憎たらしい副大統領が最後にちゃっかり大統領になっちゃっているし、いい人っぽかった大統領があっと云う間に死んでいるってのもナンだかなぁ。改心すればいいってモンじゃないぞ、副大統領め。こういうところもアメリカ映画っぽいし。
しかしかかし、京都議定書を無視したアメリカのツケみたいな書きかたには好感持てたわ。っちゅーか、一部の人は、ちゃんとオマエラの国が地球の温暖化を進めていることを判っていて、それなりに批判しているってことか。
竜巻でロスが破壊されるシーンとか、N・Yが洪水に呑みこまれるシーンとかは迫力ありましたわ。大画面でこその迫力です。
しかし内容自体はホームシアター以下で充分な映画。

スポンサーサイト



MOVIE | 18:20:35 | Trackback(0) | Comments(0)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
05月 « 2004/06 » 07月
Links
Search
Search this site.