スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『Phone Booth』
日本語にすると『電話box』・・・。あ、いや『電話ボックス』か。
日本で同じ映画作っても、絶対そんなタイトルにはしないでしょうな。っつーかシンプルなタイトルです、はい。
主役はコリン・ファレル。最近出ずっぱりな印象ですが、相変わらず濃い顔です。個人的にこの手の顔は好きではありません。日本人でも福山雅治とかクサナギつよぽんとか薄い顔が好きなのに、外人ならばなおのことであります。


ってことはともかく。
前にアメリカに行った時、とある映画を見たんですけど、その時この映画の予告編がやっていて"Your life is on the line"って文字に惹かれてしまったのだ。on the line っちゅうのは「電話をかけている」って云うのと「危険に晒されている」って云う両方の意味で使っているんですよね(多分)。ありがちなダブルミーニングでも、見たさ増徴だったのだ。まだ日本でやるかどうか決まる以前だったので、ワタシがいるうちにアメリカでやってくれないかな~なんて思っていたら、予告が始まった途端に連続狙撃事件が起こって(メリーランドでだったかなぁ)延期されちゃったんですけど。まぁ結局(かなり遅れてだけど)日本でやってくれたので見ることが出来た映画でした、はい。
しかし短い映画でしたわ。あっと云う間に終わった印象が。
しかし短いからこそ、緊張感が保てて面白かったッス。ダラダラやられていたら、見ていて疲れただろうな、きっと。
とてもありがちなラストで、それだけが期待はずれでしたわ。もうちょっとひねってくれていたら、もっと面白かったのに。
あの映画の狙撃者って、英語のアクセントから白人であることが何となく判りますよねぇ。って、ピザ屋もアメリカ人だったけど。

スポンサーサイト
MOVIE | 02:29:40 | Trackback(0) | Comments(0)
『ヨリックの饗宴』
映画の話じゃなくて、今回は本。
ワタシが常々好き好き云っている、五條瑛氏の新作なのだ。

五條氏は防衛庁上がりなだけあって、骨太な話が多い。でもそこは女性、どこかほんのりと男の野望とか友情とか微妙な同姓同士のうっふん(?)な雰囲気もあって、かなーり好き。
革命シリーズが好きなのだが、今回の本はタイトルから判るようにシェークスピアな話・・・・・・ではない。
シェークスピアの登場人物のコードネームを持つ妖しい連中の話だ。

同じく五條スキーの宮城県民なそ●し姐さんが「今回はシェークスピアなので読みにくいかもなのだ」と云っていたので、あまり期待せずに読み始めたのだが・・・・・・この話、ワタシにとっては結構好みかもしれない。ドキドキ・・・・・・。
っつーか、美形な大人の兄弟が出る時点で、変態のワタシは萌えるのだ。
っつーか尊大な兄ちゃんが、実は家族大事で「弟を奪おうとするヤツは、例え我が子でもブッ潰す」的姿勢が変態オンナにはかなり萌えなのだった。
自分に似ている幼い我が子でも、弟を奪おうとするから虐待って・・・アンタ大丈夫かよ、と普通は思うところだが、そこは変態同人オンナ思考「そんなに弟好きか、兄ちゃん・・・・・・歪んだ愛情ドキドキ・・・・・・」と考えてしまうのだから救われない。
恐らくワタシの脳内はほぼ腐っているのだろう。アーメン。

BOOK | 02:28:45 | Trackback(0) | Comments(0)
『リーグ・オブ・レジェント』
どんな映画でも、割と「まぁ面白かったよね」と思うワタシだが、今回ほど「クソだ・・・」と思った映画も珍しい。
っつーかショーン・コネリーよ。

仕事は選べ。

CGの使い方が下手すぎる映画って、本当にあるんですね。
あれじゃ、続編断念も当然でっせ・・・・・・。

MOVIE | 02:27:24 | Trackback(0) | Comments(0)
『The MATRIX REVOLUTIONS』
『MATRIX』の3部作の最終編ですが、この作品っていわゆる典型的な「話の内容じゃなく、影像を楽しむ作品」って感じですわね。機械がうようよ~って250万台(だったっけ)攻めて来た時は、気持ちが悪くなりましたわ。
キアヌ好きだから何でもいいけどさ。
しかしトリニティ役って、なぜキャリー・アン・モスなの? って未だに思うわ。多分、彼女の前に、誰か別の人にオファーがいっているはず・・・と思いたい。
ネオの配役は、実はキアヌの前にプリ夫が行ってたってのは有名ですが。
プリ夫のNeoなんて今じゃ想像つかないよね。黒髪だからこそのNeoだよ、うん。

ところでAgent Smithの
「Mr.Anderson, Welcome back!」
って、何でこの人、Neoのこといつも「Anderson」って呼ぶのかなー・・・って普通に思っていたけど、DVDで1を見たら、Neoって云うのはハンドルネームで、本名がAndersonなんだね。
って、そうだったっけ・・・・・・ってな記憶しかないワタシはやっぱりヘタレだ。

MOVIE | 02:26:37 | Trackback(0) | Comments(0)
『Tears of the Sun』&『IDENTITY』
ブルースたこは軍隊モンがお好き・・・と云う話ではない。
うンにゃ、軍隊モノが好きでもいいよ、別に。
ってくらい、まぁ面白かった。
結構ウルウル来ちゃったよ。
モニカ・ベルッチが鼻水たらして泣いているのも衝撃だった。
綺麗な人って何やっても許されるのね。
しかし内戦って怖い。本当に怖い。
何やっているか、その国じゃなきゃ判らない怖さってあるよね。
そんな感じだった。
どこの国でも不可侵ってのがあるかもしれないけど、ああいうのはイヤだなぁ・・・・・・。

そうそう・・・何故か『IDENTITY』まで見ちゃった。
同じタイトルな同人をやってたばかりだから、妙な気分さ、ふっ。
人間の本質ってヤツね。
まぁありがちなラストだったさ。

MOVIE | 02:25:53 | Trackback(0) | Comments(0)
PROFILE

キリカゼあっきー

  • author: キリカゼあっきー
  • だらだら。
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
10月 « 2003/11 » 12月
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。